2005年09月13日

選挙いろいろ

ブログの更新が遅くてすんません。。。


自民党が圧勝で終わりましたね。
まぁ自民が勝つだろうということはわかっていたけど
さすがにここまで差が開くとは・・・。

要因はいろいろあると思います。

・小泉さんの言ってることがわかりやすかった。
 (イマイチ郵政民営化がいいことなのかわからんけど何かやってくれそうな気がする)
・強いリーダーシップがあるように感じた。
 (今までの政治家より希望が持てそうだった)

そんな感じで投票した人って多いと思うんですが、最大の要因は

・対抗馬がいなかった。

に尽きる気がします。

結局「自民がいい!」「絶対自民!」って決めた人よりも
消去法で考えて「他の政党が消えちゃって自民」って人多いと思うな。

多分これだけ圧勝したことを一番怖いと思っているのは自民党じゃないかと思う。
今の選挙では人の心を読めた人が圧倒的に勝利する。
つまりもっと強い対抗馬が出てきたり、自民自身が自爆するようなことがあれば一気にこの波は引いていく。

いろいろ噂になっている(笑)TBSのメールテロップの偏りの件は
(しらない方はこちらのまとめサイトがわかりやすいです)
私も見ていておかしいなぁというか筑紫&久米コンビらしいなぁと思って(←最初から意図的に選んでると疑っていた・笑)見てましたが、批判の一つは「自民=増税」。
私は民主だったら増税にならないのか?ってそっちに結構疑問なんですが
結局選挙前もあれだけ増税増税、自民が勝ったら増税って脅してきた媒体(笑)は結構あったと思うんです。
それでも自民を選んだ。

多少の痛みよりも国が変わることを望んだということでしょうか?

選挙は未来への期待。
これからはその期待が実行されるかどうかきちんと見て行かなくてはいけませんね。

民主党の次の代表は誰でしょう?
昔の人に頼らず、新しい風を入れた方がいいと思うけどなかなかいないんですかね〜。
さらにポスト小泉は誰?
まだまだ興味は尽きませんね。

とりあえず岡田さんの目つきが怖かったので当分見なくていいのかと思うとほっとします(笑)
posted by ひとみ at 16:46| Comment(2) | TrackBack(3) | 総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

要は選挙に行けってことで

我が家は今朝日新聞購読中。
最初の3〜4ヶ月はなんだそれとかつっこんでるのがおもしろかったけど
最近は飽きてほとんどテレビ欄と一面くらいしか見ない。
「声」(読者の投稿欄)も見るけど、かなりかなり作為的なものを感じるので
「こんなこと考えてる高校生って怖いよなぁ〜」とか思ってばっかり(笑)

そんな朝日の今日の一面がこれ↓でした。

自民優勢、過半数の勢い 与党安定多数も 本社情勢調査

まぁ最近やたらと自民よりなことを社説なんかでも書いてたし
おぉ素直に認めたのかと思ってたけど。
今日の「たかじんのそこまで言って委員会」で朝日の心理を知りました(笑)

今日の委員会はふたつのテーマに絞られてました。

・選挙と報道の関係
・星野さんはホントに巨人の監督になるのか

ちなみにこの番組は収録です。
確か金曜日くらいに収録しているはず。

司会のたかじんに「今回の選挙、どうなる?」と聞かれた宮崎哲弥さん。
「今日、今選挙をやれば自民圧勝、単独過半数」
「でもこれから1週間何があるかわからない」と勝谷さん。
「新聞はこれから一斉に『自民有利』と記事を書く。
それが一番自民党は嫌がっている」と宮崎さん。
つまり○○圧勝と言われると人間の心理として
勝ち馬に乗ろうとするタイプとこれでいいのか?と思うタイプに分かれる。
自民圧勝と言われると自民に入れようと思っていた人も
対抗勢力(民主)に入れたり、選挙そのものに行かなくなったりする。
そうすると結果はそうでもなくなる、と。
まぁそこまで考慮しても自公で過半数は絶対に行くと宮崎さんは言ってました。

「ってことは自民に勝って欲しくない新聞は自民圧勝って書くって事になる?」とたかじん。
「そうですね」と宮崎さん。
「ピー(放送禁止音)とか」とそこまで言わんでもって感じなたかじんに更に拍車をかけるように、勝谷さんが「記事の捏造・・・云々(聞き取れなかった)」と言ってたので放送禁止の意味なし!(笑)

この予言通り、今日の新聞で各紙でかでかと自民有利と。
一番圧勝っぽそうなタイトルはやっぱり朝日だった感じがします(笑)

「投票するときのその一瞬って自分が日本を変えるんだっていう気持ちになるよね」と田嶋さん。
橋下弁護士が言ってましたが、こういうちゃんとした選挙制度(独裁政治のような強制ではなく)がある国は世界の国の中の10%程度なんだそうで。
あとは軍隊が力を持って決めてたりする。
こうやって国民の意思で政治ができることを私たちは当たり前のようになっているけど、すごいことなんだって思わなくちゃいけないと。
ほんとその通りですね。

「清き一票」って言われると嘘くさいなって思うけど、やっぱり自分がもっている一票は大事な一票ですね。

ところで選挙特番って始まってすぐに出口調査の結果から、各テレビ局が予想議席を発表しますが最近はずいぶん実際の開票結果と違うことが多い。
理由は単純で、テレビ局のアンケートに警戒して嘘を言う人が多いからなんだそうな。
私はこれから選挙結果が始まろうとしているときに、もう結果がわかったようなあの予想が実につまらないと思っていたので、これからもみんなで惑わしてやろうぜ!って思うんですが<オィ
辛坊さんは正直に答えてくれって言ってました、そりゃそうか。


ちなみに後半の星野監督の話は、星野さんと仲良しのたかじんにナベツネと仲良しの三宅さん。
2人の言うことは妙に説得力がありましたとさ。
巨人ファンの私としては原さんがいいけどなぁ。
監督が違うとそんなに選手のモチベーションって変わるんでしょうか。
変わるから、監督変えるんだもんね。
プロでもそんなもんなのかとか思っちゃうんだけど。
とりあえずローズ以外の外国人選手と清原はいらないなぁ<超素人感覚
posted by ひとみ at 00:32| Comment(4) | TrackBack(2) | 総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

総選挙に思うこと その3

ここ2日選挙の夢をみているひとみです。
絶対何かに毒されてるよ・・・ハハハ<乾いた笑い

ここにきてなんとなく各政党のイメージが出来た気がします。



小泉自民党・・・
今回のことはやりすぎという感もある。
メディアではすっかり独裁者扱い。
ただし今までの自民党というイメージが強い、亀井派・橋本派ら造反組と離れたため
今までアンチ自民党だった人も投票しそう。
またこれくらい強い意志で何かをやり遂げて欲しいと思っている人は多そう。



造反組・・・
一言で「見苦しい」
今になって「自民党の為を思ってやった」とか「自分は自民党だ」とか。
小泉さんは最初から反対票を入れた人は公認しないと言ってた訳だし。
「解散しない」あるいは「公認してくれる」と思っていたのか今になって焦りの色が。
テレビに出ては小泉さんを「品がない」と言う亀井氏。
アンタの方が品がない気がするけど。



民主党・・・
2大政党の一つのはずがすっかり造反組に隠れてしまっている状態。
民主党は基本的に郵政民営化には賛成。ただし今回の法案には反対。
かといって民主は他の案を出せず(労組との繋がりが強いから?よくわからんけど)
ただ与党の言ってることを反対しているだけの中身のない感じがする。
自分たちが政権を取ったら郵政民営化はこうなります!というのを
はっきり提示できていない時点で期待できません。



公明党・・・
相変わらずといったところでしょうか。
強い組織票があるから現状でもそれなりにそれなりでいそうな感じ。
イマイチ公明党の方向性ってわからない。
ただ与党になりたいだけちゃうの?って感じなんですけど。
誰か詳しい方教えてください。


民主党は今回政権がとれなかった岡田さんやめるとか?
次の人次第だけど岡田さんじゃなかった民主の株あがりそう。。。
今の民主には期待できそうにない。

なんとなく今の政治には納得いかないから野党(民主)に投票って人多いと思う。
だから投票率があがると民主有利って言われてた。
浮動票は民主よりだから。
でも「あっちがいやだからこっち」というのは単純すぎる。
民主が政権を握ったらどうなるかということもちゃんと考えなくちゃいけない。

自民党の55年体制が崩れた後の村山内閣がどうだったか?
村山内閣でどれほど拉致被害者が苦しんだか。
日本人は同じ間違いを繰り返すべきではないでしょう。

明日からお盆休みで留守にします。
posted by ひとみ at 21:20| Comment(2) | TrackBack(5) | 総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

総選挙に思うこと その2

解散が決まった時、こりゃ民主が漁夫の利を得ないだろうかと心配したけれど
考えれば考えるほどこの総選挙は小泉さんの思惑通りな気がしてきた。
このまま小泉さんが政権を取ったとしたら、この人の先見の明はなかなかすごいかも・・・?
と思った矢先、今日大手の新聞がそれぞれに世論調査の結果を発表。

首相の衆院解散、「賛成」48% 本社世論調査 (朝日新聞)

今回、首相が解散したことに48%が賛成し、反対の34%を上回った。廃案に終わったものの、首相の郵政民営化への取り組みを55%が「評価する」とし、53%が「今後も民営化を目指すべきだ」と答えた。9月11日の投票を控え、望む政権の形では、「自民中心」(38%)が「民主中心」(28%)を上回った。


「解散は当然」52%、首相続投は賛否二分…読売調査 (読売新聞)

一方、衆院選後の政権選択では、「自民党中心の政権」が43%で、「民主党中心」は33%。また、投票の際、郵政法案をめぐる対応を判断材料にすると答えた人は61%に達した。


世論調査:小泉内閣の支持率は46%で、9ポイント上昇 (毎日新聞)

小泉内閣の支持率は46%で、過去最低だった先月の前回調査(37%)から9ポイント上昇。逆に不支持は37%と3ポイント減少、衆院解散の賛否も「賛成」が54%と「反対」の36%を大きく上回った。また9月11日投票の次期衆院選で「自民党を軸にした政権を望む」と答えた人は50%を占め「民主党を軸にした政権を望む」の35%を上回った。


各紙自民>民主の様子。
ちゃんとした対案を出さなかった民主だから当然と言えば当然。

ただし読売新聞には

しかし、法案採決で、反対や棄権をした自民党議員が相次いだことについて、「首相の方が問題」と思う人39%と、造反した「自民党議員の方が問題」と思う人41%とが、ほぼ拮抗(きっこう)した。自民支持層では、造反議員への批判が57%と多かったものの、選挙のカギを握る無党派層では「首相の方が問題」が43%と多数派だった。

 また、衆院選の結果、自民党を中心とする政権が続くことになった場合、小泉首相が続投するのがよいかどうかでも、「続ける方がよい」46%と、「そうは思わない」43%が、ほぼ2分する形となった。特に、無党派層では続投反対が53%に上った。



ともある。


うーん、無党派層って何!?誰?
私は無党派層?
ググってみたところ無党派層っていうのは所詮は「その他」にすぎず
その層が選挙に行く人行かない人・政治に興味がある・なしはまったく関係ないみたい。
全然「層」じゃねぇじゃん。

結局その「無党派層」を自民に引き寄せられるかがカギってことか。
posted by ひとみ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

総選挙に思うこと その1

とりあえずこれは9月11日まで何度も考えたり、考え直したりしそうなので
カテゴリを作ってシリーズ化していこうと思います。


1.郵政民営化
国民の多くがわかっていない「郵政民営化」
私もイマイチっていうか全く?わかっていない。
私の近くの郵便局がどうなるのか。
簡保は?貯金は?郵便は?
これは小泉さん自身の説明不足なのか、マスコミ報道の問題か
これがどういう利益を国民に生むのかがさっぱりわからなかったのは事実。

ただなんとなく反対派と言われた人たちが
国民の利益にならないから反対しているというよりは
ただ自分が郵政団体と繋がっていたいから反対しているというイメージが私には残った。

また郵政民営化以上に重要なことがごろごろしていると
なぜ今郵政なのかという声が多々あったし、私もそう思った。
郵政は今すべき時ではない、と。
でも今考えると「今すべき時」にやるのはすでに「手遅れ」なのではないかということ。
今日可決して明日から民営化されるような簡単なものではない。
例えば年金問題にしても少子化が表面化している「今すべき時」が来たが
今改革しても結局私たちは「遅いよ」という気持ちになる。
少子化が問題になる前に年金問題に手を打っておけばもっと私たちは年金制度を信頼していただろう。
そう考えると「今すべき時」はいつなのか。
もし郵政民営化が国民に利益をもたらすというなら、今他にもやることがあるから否決されることなのか。
その点、私は大いに疑問に思う。
何かが起こってから動くよりも、先に動くというのも大事なことだと思うし。

結局「郵政民営化」という言葉だけが1人走りして中身がついていかなかった感は否めない。


2.「だだっこ解散」って何?
今回の小泉さんの解散宣言をまるで小泉さんのわがままのように言う人がいる。
私はそうは思わない。
まず参議院で否決されるとその法案は衆議院に戻る。
ここで3分の2以上の賛成があればこの法案は可決されるわけだけど
それをする前に(というか3分の2も賛成しないと踏んだのか)小泉さんは解散を選択した。
第二次小泉内閣が発足したとき、彼は「この内閣は郵政民営化内閣だ」と言った。
「この内閣の本丸は郵政民営化だ」と。
当然これを彼は選挙前の公約の時点で言っている。
国民はこれを知った上で自民党を選び、小泉さんを選んだわけだ。
それが否決されたことはつまり内閣不信任ととるという彼の発言はなんら間違っていないと思う。
むしろこういう厳しい状況だと多くの政治家が路線変更するのに彼はこれを推し進めた。
故にわがままだの独りよがりだの言われたわけだけど
靖国にしろ郵政にしろ自分がこれだ!と決めたものを
あれだけ誘惑の多い(だろう)永田町で押し通せる意志の強さは私は決して悪くないと思う。

そもそも国民が選んだ「郵政民営化内閣」のはずが、結局反対派勢力によってダメになってしまった。
反対派の人たちは国民に申し訳ないと思わないのだろうか?
そんな様子は全く見受けられないんだけど。


3.総選挙のゆくえ
小泉さんは今回の採択の時に反対票を入れた37人を自民党公認としないことを決めた。
棄権した人には郵政民営化を賛成するならという踏み絵付きで公認とすると。
そのせいで今回の総選挙は自民党分裂選挙と言われている。
さてこの結果、小泉さんは生き残れるのか?反対派はどうなるのか?
民主党の勢力はどこまで伸びるか?
とりあえず現段階、反対派の新党結成は難しい状況らしい。
1.自民党単独過半数
2.自民公明で過半数
3.民主単独過半数
4.民主+公明?+反対派?で過半数
あたりが考えられることかなと思う。

1の可能性は残念ながら少なそうだ。
私は公明がキライだけど結局は公明サマの力がないと勝てない気はする。
一番困るのが3と4。
もし岡田代表が首相になったら・・・考えるだけで倒れそうだ(笑)

私が岡田さんを支持しない理由は大きく3つ。
1.彼はわざわざ中国のお偉いさんに自分から出向き、小泉さんの靖国参拝を反対している。
中国や韓国に強気の姿勢を見せることはまずないだろうということ。
2.同じような理由で彼が首相になっても拉致被害者は帰ってこない。
「対話と圧力」どころか彼にはきっと「援助」しかできない。
3.彼は外国人参政権に賛成していること。
(外国人参政権の内容は7月2日付け「外国人参政権問題と日本の『狂』育」参照)

尻切れトンボになるが続きは後日。
総選挙について書かれている方は是非トラバしてください。
いろんな意見を参考にしたいと思います。
posted by ひとみ at 17:45| Comment(6) | TrackBack(4) | 総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。