2005年07月08日

イギリステロ

哀しいことにまた罪のない人たちが殺されてしまった。
前日にオリンピックの開催地が決まり、歓喜の声が響いていたはずのロンドンで。
規模は9.11や列車爆破テロに比べれば死者は少なく済みそうではあるが、その衝撃は大きい。

人々が思うことは同じだろう。
誰もテロを認めることはできない。

ただ今日の関西の番組「ムハハnoたかじん
(たかじんのニュース解説の30分番組・生放送)で

たかじんが
「何をもってテロとするか。
イラク戦争だって相手にしてみればテロだ。」と。

橋下弁護士が
「イギリスはきちんと謝罪すべき。
イギリスがアラブ人とユダヤ人の住むところに
勝手にイスラエルという国を作ったのがそもそもの間違い。
日本も謝罪謝罪といわれているが、それ以上にイギリスは謝罪しなくてはならない」と。

ついこの前このあたりの本を読んだばかりなのだが
本のメインはアメリカと中東の関係がメインだったので橋下弁護士の意見が正しいのかは私にはイマイチよくわからない。
もともとイスラエルのあたりはイスラム教とキリスト教が対立している場所であったのだし。

とにかくこれだけテロが続いている現状、
テロが悪いとか、アルカイダが悪いとか言ってる場合ではなく
その根本原因を解決しないことには枝先だけ切っていっても何も変わらない。
私たち日本人もそのことに気づくべきであるし
隣国3ヶ国のことだけではなく、中東にももっと目を向けるべきなのだろう。

今回犠牲になった多くの命に冥福を祈る。
posted by ひとみ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(2) | 中東・欧米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。