2006年04月13日

久々更新ですけれども

教育基本法:愛国心などで抜本的な改正案 与党合意を了承 (毎日新聞)

このブログの使い方を忘れそうなくらい久しぶりですけれども。
またぼちぼちUPしていこうと思います。

さて、早速教育ネタ。
私はこれいいと思います。賛成です。

教育基本法やからね、「わざわざ書かんでも」的なものもしっかり書いておくべきだと思う。
愛国心なんて誰もが持っていて当たり前のことなのに
特に教育の場においてその認識があまりになさすぎる。
というか意図的になくそうとしているとすら感じる。
国歌を歌わない・国旗を掲げないというのもその1つの例だと思う。

私たちがなぜ(特に)歴史を習うのかっていうのを考えたときに
根底にあるのはやっぱり「愛国心の育成」
自分が生まれ育った国がどのように今まで続いてきて
その間にもちろんいろんなことがあって
混乱期・平和期・争いなどなどを乗り越えてきたか
その間にどれほどの日本人が日本のことを考え生きてきたか
それを知ることで自分が今ここで平和に暮らせているのは
過去の多くの日本人のおかげであるということを知ること。
それに感謝することとそうやって多くの人によって守られた日本を
自分たちも守っていこうとする気持ちの育成。
これが歴史を学ぶ根底だと思うんだよね。

歴史を学ぶ子供達がなぜ歴史を学ぶのかということを
知る必要は別にないと思うけど
大人はその「なぜ」を知っておくべきだと思うよ。
もちろんこれは自分なりの考え方でいいと思うんだけど。

愛国心っていうのはそこで育てば勝手に芽生えるものでもないと思うので
(もちろんなんとなく好きっていう気持ちはあるだろうけど)
これを育てるとはっきり書くことは必要だと思う。
特に「愛国心」と書かなくても「我が国と郷土を愛する」という今回の法案で充分だと思います。
posted by ひとみ at 21:48| Comment(36) | TrackBack(11) | 日本・日本人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

外国人参政権問題と日本の「狂」育

昨日こんなニュースが入ってきた。

岸和田の住民投票条例、定住外国人に投票権

大阪府岸和田市で、日本国内在住期間が3年を超える外国人に投票を認めた常設型の住民投票条例が成立した。同市によると、在日韓国人など永住外国人を対象とした条例は先例があるが、今回のように対象を広くとった条例は珍しいという。外国人参政権を巡る議論にも影響を与えそうだ。


なんだかなぁという条例。
外国人参政権についてはここ最近国レベルでも問題になっている。
外国人参政権というのは日本に長く住んでいる外国人に対して参政権を与えようというもの。
今のところ反対派・慎重派が多いので可決には至っていないが
というかこれが可決されたら大変なことになると思うのは当然のことだ。
なぜ賛成する人がいるのか理解できない。
まぁ賛成している人の多くは在日韓国人や韓国政府関連なんですが。

わかりやすく説明しているサイトを探してみた。

外国人参政権問題をご存知ですか?

反対する理由

@まず最初に、外国籍の人には、日本の国政に参加する権利はありません。日本国民以外の人が参政権に介入する事は、日本国憲法にも違反します。

A国政とは、その国の国民が参加して決定すべきことです。そうしなければ内政干渉が起きたり、国が乗っ取られてしまいます。国家主権の中でも重要な参政権は日本国民の権利であり、外国人に付与するという危険な行為は行うべきではありません。

B私たち日本人は、この日本という国家と運命を共にする存在ですが、外国人はそうではありません。彼らは、いざとなれば帰る国があるのです。そのような人たちに国家・国民の命運を決定する参政権を付与するのは、無責任としかいいようがありません。


理屈はものすごく単純なことだと思います。
自分の国に都合のいいことをやろうとする在日外国人が出てきてしまうということです。
例えば北朝鮮に経済制裁をしよう!となった時に、在日韓国人や朝鮮人は賛成するでしょうか?
まずあり得ません。
それは日本にとっての利益よりも母国にとっての利益を優先するからです。
そういう危険があるということ。

また外国人参政権を認めている国はほとんどありません。
一部、EU加盟国や北欧では認められていますが、それは特別の国に対し、お互いに認めています。
でも日本に外国人参政権を求めている韓国はどうかというと外国人参政権を認めていません。
自分の国でやってないのに、日本に求めるな!っつー話で。
もちろんアメリカも認めていません。

さて今回大阪の岸和田市というところでこの条例が成立しました。
違法ではないのかという声もあるようですが。
ネットを見ていると大阪ってどうもちょっとそういう色が強いみたいですね。

私がいつも参考にさせて頂いているぼやきくっくりさんのブログにもこんな記事がありました。
同じ大阪の池田市の小学校の授業内容に関する記事です。

正直唖然としました。
私は高校卒業まで北海道で過ごし、その後関西に来ました。
大阪や京都にいると本当に良く「同和」「同胞」「同和教育」という言葉を目にします。
私自身小学生の時にそんなことを習った記憶ありません。
在日の話を聞いたこともありません。
もちろん原爆の話や写真を見せられたりしたことくらいはありますが。
そのブログのくっくりさんも大阪の方なのですが君が代を習ったことがないと。
ちなみにこの前うちの旦那と話していたのですが、なんと旦那、君が代の歌詞知らないって言うんですよ!
(彼は転勤族だったので東京・関西育ちです)
アリエナイよ〜!!!
小学校でしっかり覚えましたよ?
多分一番最初に音楽で習ったのって君が代だったと思う。。。
若干大阪で子育てをしていくことに不安を感じました。

それからこんな関西で「たかじんのそこまで言って委員会」が放送されているその勇気にもビックリ。
この番組、日曜の昼間という時間にもかかわらず平均15%の視聴率です。
学校ではこんな授業をして、親は家でこういう番組を見ている。
子供は混乱するだろうな〜・・・。
posted by ひとみ at 14:33| Comment(2) | TrackBack(4) | 日本・日本人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

愛国心

突然ですが、愛国心はありますか?
今日のたかじんネタ。
「あえて選ぶなら徴兵?傭兵?」

普段割と現実的な話が多いたかじん委員会なんですが
今日は妙に飛んだ話をしてるなぁと思ったらなるほど意図が見えてきました。
徴兵というのはお隣韓国のように成人を過ぎるとだれもが受ける制度。
傭兵というのはアメリカがそうなのかな?いわゆる志願兵。
自衛隊もそういう意味では傭兵だよね。(兵じゃないけど)
結局傭兵だろうと徴兵だろうとまず根本にあるのが
「自分の命を投げ打っても自分の国を守ろうと思えるかどうか」ということ。
つまり今の日本の教育のまま「はい、ハタチになりましたので兵役を行ってください」
ではとてもじゃないけど徴兵なんて成り立たないわけ。
結局それまでの教育でどう愛国心を持たせるか。

でも愛国心=軍国主義のようなイメージが強く
例えば軍事力を強めるというとすぐに「戦争をやろうとするのか」「平和主義」
と話が置き換わる。
でも一つの国が国としてある以上、自国防衛は当たり前のことで
軍事力強化は決して=平和主義の放棄にはならないわけだ。

今日のゲストの誰かが言ってたけど
「今の日本はディズニーランド。入り口にはアメリカ人の警備がいて
見えているのに見えないフリをしてディズニーランドに住んでいる日本人は
何も気づかないふりをしている」って。

つまり自国防衛というとすぐに軍国主義というような話にすり替える
(マスコミも含め)人が多いために今まで逃げてきたこと。
自分たちで自分たちの国を守るためにはどうすればいいか
ということを日本人はそろそろ考えないといけないのではないかと。
それがつまり、愛国心と強い軍事力なんじゃないかと。

そのためには政府も変わらないといけないし
例えば今回の漁船のことにしたってのちに開催予定の日韓首脳会談があるので
円満に終わるようにと思っていたみたいだけど
そんなん法を犯してる方が悪いんやからはっきり
「そっちが悪い!」って言えば日本国民だってもっと盛り上がったと思うのにな。
よく言った!って言うと思うよ(一部マスコミを除く・笑)
最近になって徐々に政府は中国に対しても韓国に対しても
だまったままでは終わらないような感じにはなってきたけどさ。
もっと強く言うことも必要だと思うよ。

愛国心=小泉万歳じゃないし、そうなると非常に怖いんだけどさ。
でももっと「この政府、この人についていこう」って思えるかどうかが
愛国心の根っこだと思うしね。
信頼できる政府になることも欠かせないことだね。

しかしたかじんが言ってたけどこの番組(たかじんのそこまで言って委員会)は
巷では右巻きの番組と言われているらしい(笑)
そりゃ報道ステーションやNEWS23、ムーブ・ワイスクや
田原さんがやってる日曜朝の番組とかあんなんが普通だったら
この番組は激しく右ですよ。
日本には反日的な番組が多すぎる。
批判することが悪いとは思わないけど、結論ありきの報道はやっぱりどうかと思うな。

そういえば中学生だったか小学生だったかの頃、社会の時間に
自衛隊は必要かって意見を書かされたこと思い出した。
私はどっちって書いたんだろう?
あの頃はあの頃なりに戦争放棄と自国防衛の両立は難しいんだと知った。
忘れてたなぁそんなこと。
その時確か先生は「この質問に答えはない」って言ってた。
今もこういう授業ってやってるんだろうか?
今の学校の社会の先生で靖国やA級戦犯を正しく理解してる人ってどれくらいいるんだろう。

眠いので話があっちこっち飛んでるな。スマン。
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・日本人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。