2006年03月09日

たかじん委員会

時事ブログさぼっててごめんなさい。
見てる人いるんでしょうか。
いや、きっと少しはいるはず・・・と思い独り言でも。

実家に帰っていたりでバタバタしていたのもあるんですが。
最近時事ブログを書こう!というところまでこないんですねー。
時事関連のことを書いているブログや日記のチェックはしてますけど。
他に興味があることもあって(某アイドルだけじゃないぞ!・笑)
これからもぼちぼちぼちぼちやっていこうと思います。

そんなわけで2週間ほど実家@北海道に帰っていたので
2週分のたかじんを今日見ました。
「広島空港」ってこのことだったのね>ぐってぃさん

その前にその実家にいる間にとあるサイトからたかじんの過去映像を見てたんです。
多分去年の7〜8月頃かな?
南京虐殺はあったのかなかったのかみたいな回。
田嶋さんはいなかったけど変わりにデーブと遥洋子(だっけ?)が頑張ってたやつ。
それを私が見ていたら私の父が興味深げに覗いていて。
お気に入りにいれておくようにと言われました(父のPCを使ってた)
あれから見たのかは知りませんが。

あの議論は割と好きなんですねー。
北海道ではたかじんやってないし(今のところ)
これから放送が始まったら父も見てくれるといいけど。


しかし、最近のたかじんはあまりおもしろくないような。
なんていうかアジア外交の話になると田嶋さんが靖国ヤメロといい
宮崎さんあたりが靖国に行かなければ解決するなんてありえないといい
戦争も田嶋さんが感情論を喋り、日本人は反省していないといい
三宅さんあたりがキレて終わりみたいな・・・。
ワンパタしている気がするんだけど。。。

そんな中で今週の放送で宮崎さんが日本の若者(高校生だったっけ?)にアンケートを
とったところ中国や韓国を好きと答えた人は1割だったとか。
中韓では若者の間では日本好きが増えているのに対して
日本の若者は中韓を嫌いと答えていると。
でも宮崎さんはそれは「通過点」だと思うと言ってました。
私はこれにすごく同感。

要するに戦後に生まれた日本人はずっと謝罪外交を見てきて
やっぱり戦争をしたことを悪いとは思う一方
いったいいつまでこんなことを繰り返すんだろうかと思うようになる。
(私もずっと思っていました)
それが嫌韓流に代表される嫌中・嫌韓ブーム(?)によって
なんて国なんだ!と思うようになったと。

全く同じパターンできた私なのでこれはすごく納得できました。
私も一時期中国とか韓国が大嫌いでした。
まぁ今でも「バカだなぁ」と思うときはありますけど。

それでもやっぱり相手の悪い部分を見てはじめて友好は築かれるわけで。
相手の言うことを受け入れてばっかりの外交を「円満外交」とは呼べないわけで。

これからどう向き合っていくかが大事なんだなと思います。
posted by ひとみ at 23:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

西村議員逮捕 各紙社説

今日はこの事件が大手新聞全て社説で取り上げられています。
今までの西村議員の「問題行動」や逮捕続きの民主党批判など。

朝日は今までも西村議員を批判した社説を書いていたこともあってかとっても嬉しそう。

西村議員逮捕 民主党の罪も深い  (朝日新聞)

[西村議員逮捕]「弁護士失格だけでは済まない」 (読売新聞)

社説:西村議員逮捕 民主党はタガを締め直せ (毎日新聞)

社説2 西村議員は辞職すべきだ(11/29) (日経新聞)

【主張】西村議員逮捕 まず潔く辞職するのが筋 (産経新聞)


全紙読んでみて思ったことが一つ。

(産経新聞より引用)

西村議員は、北朝鮮による日本人拉致事件で、国会で初めて横田めぐみさんの事件について質問した。超党派でつくる拉致議員連盟の幹事長も務めており、家族会などの信頼は厚い。


拉致問題に言及しているのは産経だけ。
なんで???

確かに問題発言の多い人ではあったけれど、拉致問題に関しては政治家の中でも一番熱心に取り組んでいる人でした。
逮捕されたらそういう功績も認められんのか?
人間って○か×かではないと思うんだけどな。。。

さんざんテレビでは家族会にコメントさせてたのになんで新聞には書かへんの?
posted by ひとみ at 11:49| Comment(8) | TrackBack(1) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

毎度毎度・・・

昨日のNEWS23でブログについての特集があったらしい。
私は見てなかったんだけど、見た人たちの感想を読む限り
「テレビや新聞は実名、ネット(ブログ)は匿名。
その人の背景もわからないので信頼できない」ってことみたい?
相変わらずなようで別にどうでもいいや。

ただ私はテレビや新聞の報道をある程度信じている。
まぁ普通に流れるニュースなら信じてるかも(特にテレビ)
でも特集は信じてない(笑)
というかあ〜そう言うと思ったって感じかな。

だってさ、相変わらずのこと多いんだもん。。。

今回の広島の事件にしたって、耐震偽造のことにしたってさ。
確かに悪いことをした人はいます。
でもそれを問いつめてるマスコミはなんか嬉しそう。
最近たいしたニュースもなかったし、「いい餌ができた」って思ってるようにしか見えない。

広島の事件でいうならいい加減子供にマイク向けるのはやめて欲しい。
同級生の親ならともかく、クラスメイトが死んでどうだった?って聞いて
「哀しい」「くやしい」「怖い」以外に何を答えろっつーの?
こういう報道みていると佐世保で起きた事件の被害者の父で毎日新聞の記者だったあの人はどう思うんだろうと思う。
結局、あーやってマイク向けてる人は自分が同じ目にならないとわからないのかしら?
もちろんマスコミを全否定するわけではないけど、こういう報道が目に付くのでイヤになるね。

耐震偽造に関しても同じ。
そりゃ脅迫させられたにしても耐震強度を偽造するなんてあり得んし
なんかいろんなところに問題はあるだろうから、きちんと全て明らかにしてほしいとは思うけど、ヒューザーの社長とか生出演させて、なんか意味あるの?って感じ。
ただのいじめみたい。。。

そんなわけで今や私はテレビ(ニュース)や新聞を見てる時間よりも
ひとさまのブログを読んでる時間の方がはるかに長いです。


そんなことより西村さんどうなるのかな。。。
最初は朝日が勝手に盛り上がってるだけで、西村さん自身は関与してないのかと思ってたけど・・・。
たかじん委員会に西村さんが出たときに辛坊さんが言ってた
「何か、いろんなこと感じてます?」ってどういう意味だったんだろう。。。
posted by ひとみ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

はじめてTVタックルを見た

いや、今までも見ようと思ったことはあるのだ。
最後まで見ようと思ったこともあるのだ。
でもハマコーさんの意見どうこうよりもあのウルサイのがイヤだ!
「ここがヘンだよ、日本人」とか絶対見れないタイプ(笑)
ひとりずつ喋れ!!と思うので。

そんなわけで見よう見ようと思ってもいつも誰かのやり合いにイヤになって
チャンネルを変えていたんだけど。
今日は気が付いたら終わってた〜〜。

ホントにあれテレ朝か?

感想はそれのみ(笑)

報ステとかワイスクとかと同じ局か!?
そう考えるといわゆる「神発言」満載でした。

勝谷さん(あんまり好きじゃないけど)の
「中韓はアジアじゃない、あれは中華」っていう発言がカットされないとかスゲー。
中華思想とかチベット侵攻とか、聖徳太子や福沢諭吉の脱亜論とか・・・。
チベット侵攻なんて人権問題だから国連に言え!とか言ってるし(笑)
(意見としては激しく正論)

今日は特になのか?いつもそうなのか?

一応聖徳太子の発言には触れておこう。
有名な「日出づる国の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無きや 」の意味知ってますか?
もちろん「日出づる国」は日本、「没する処」は中国。
要するに「日本の天皇(当時は天皇という言葉はない)から中国の皇帝へ。お元気ですか?」ってことなんだけど。
この言葉の何がすごいかというのは、同じ「天子」という言葉を使っているところです。

中国には中華思想というのがあって、中国こそが世界。
その他の国や人、民族は野蛮、「化外の民」として見下していたわけです。
でもその中国に朝貢する国、言い換えると服従する国は部下、子分として認めていたと。
それが朝鮮半島。
でも日本は聖徳太子の時代に、さっさとその朝貢外交をやめて日本のTOPと中国のTOPを同じ「天子」と書くことで立場が対等であるとした。
もちろん相手は怒ります。
でもその頃朝鮮半島とうまくいってない状態だったので、中国はそれを認めざる得なかった。
聖徳太子はそこまで知った上で、この書を書いたわけです。

なので日本はその頃からすでに中国とは対等の立場にありました。
でも朝鮮半島が中華思想から抜け出したのは韓国併合後。
独立したのは戦後だからまだ60年も経っていない話。
彼ら(朝鮮)の中にも根強く「小中華思想」ってのがあって
いわゆる「中国は父、朝鮮は兄、日本は弟」ってやつ。
だから父の言うことには服従するけど、弟がデカイ面してるのは許せない。
今ののむひょんなんてまさにそんな感じじゃないか(笑)

福沢諭吉の脱亜論っていうのはまぁそのままで。
日本は明治維新後、場所はアジアにありながら精神は欧米の精神を受け入れた。
日本の不幸は近隣の国であって、それは中国であり、朝鮮である。
だからこんな悪友とはお別れして、欧米と共に進んでいこう
って感じ?


・・・ってなんのこと話してるのかわからんくなってきた。

つまりTVタックルが他局だったらともかくテレ朝がやってる時点で
あの番組はすごいと思うってことです。
(番組そのもので見るとたかじん委員会の方が断然いいが)

あと今日は前回の衆議院選で落選した城内実氏が来てました。
が、なんか喋ったか?
ってかなんであの人呼んだんだろう???
まぁハマコーさんと勝谷さん、三宅さんがいては誰も喋れんか(笑)

来週は宗男さんだからな〜〜・・・見ないかも(ぼそ
posted by ひとみ at 00:34| Comment(10) | TrackBack(3) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

NEWS23 特集「愛国心」

はじめてかも。
ちゃんとNEWS23見たの。
そんなわけで4夜連続でやった特集のうちの3回目と4回目を見ました。

なんなんやろね、あの番組は。
報ステの方がまともに見えた(笑)
その前にやってたニュースが普天間基地の問題だったからか、3人でただ政府の悪口言い合ってるみたいな印象。
「コメント」って感じがしない。
この番組って視聴率いいんかな?って思ったときに、ふと思い出した。
いつだか宮崎哲弥さんがたかじん委員会でこの番組のこと「視聴率は決して良くない。
でも終わるか終わらないか、ギリギリの視聴率を保ってる」って言ってたっけ。
夜中にあの番組見たらテンション下がりそうだもんな〜。

で、特集「愛国心」

3回目は「ネットに広がる愛国心」、4回目は「今、ナゼ”愛国心”」だったかな。
ネットに広がる愛国心はぶっちゃけ全然ネット関係ないやん!って話。
2人の若者(靖国参拝賛成・公式参拝しろ派)が取り上げられてて
彼らはそれぞれに自分の未来に不安を感じている。
だからこそ「強い日本」を求める。
強い日本=強い自分と、日本に自分を重ねる、というまとめ方。
2人のうちの1人が(祖国とは)「ときに父のように厳しく、母のように優しい」と言ったことに対して、筑紫哲也氏は「小さい頃に国によって辛い思いをさせられた自分(戦争体験者という意味)はそんな風に日本に対して父や母のような感情を抱いたことはない」とバッサリ。
戦争を知らない世代がそういう風に日本を愛することが戦争に繋がるとでも言いたげ。

4回目は香山リカ氏を招いて対談。
あの人も数年前から「ぷち・ナショナリズム」とか言い出してちょっとよくわからない方向に・・・。
3回目の不安定な時代だからこそ強い日本に強い自分を重ねるという若者の愛国心。
それによって日本の歴史=自分の歴史。
だから負の歴史は言い訳をして都合良く解釈したり、見ようとしなかったりする。
日本の歴史を否定することは自分を否定することになるから、そうならないように負の部分にはフタをする。

アホか〜〜!!!

どうして愛国心というと「太平洋戦争を賛美する人」とか「歴史を反省しない人」になるんだろ。
私は多分彼らのいう右傾化した人間だと思うよ。
でも、戦争を賛美するつもりなど全くないし、日本は間違っていなかったとも思ってない。

私が思う、今のネットで見る「右傾化」は今まで自分が受けてきた教育への反発だと思ってる。
小さい頃から「日本はこんなに悪いことをしました」「日本はこんなに悪い国です」って習ってきた。
完全に日本の教育は「左より」だった。
まずそれに対する疑問。

私はずっと疑問だった。
高校生のときくらいからかな。
日本食が好き、日本の文化が好き、と言う人はたくさんいるのに「日本が好き」って言う人って少ない。
どうして「日本が好き」って思えないんだろうって。
数年経ってそういう風に思わせない教育を受けてきたからそう思えないんだってわかった。
私にはそれに対する反発がある。

過去の戦争にしても日本は侵略者、完全悪のように習った。
果たして戦争ってそういうもんだろうか。
完全悪と正義の味方の戦いが戦争!?
例えば最近のイラク戦争にしてもアメリカは独裁者を成敗する正義の味方?
それとも関係ない国に攻撃をしかける完全悪?フセインはその被害者?
たぶん誰もそんな風には思っていない。
アメリカにはアメリカの理由があり、フセインにはフセインの理由があったと考える。
もちろんその理由を認めるかどうかは別だけど。
そもそも戦争っていうのはそういうもの。
どちらかが100%悪でどちらかが100%善なんて簡単なものではない。

なのに私たちはなぜか太平洋戦争に限り「日本は100%の悪」だと習った。
そういう教育に対して、いや日本はこういう風に考えていたんだ。
こういう状況があったんだと日本の理由を探す。
これが彼らは戦争に言い訳をしている、あるいは戦争を賛美していると言いたいのだろうが。

日本は完全悪だったと決めつけて戦争を「反省」するよりも
当時の日本の状況を考え、良かったところは良かったところとし、どこに過ちがあったのかを考える方がよっぽど現実的な平和主義者だと思うんだけどな。
30点だったテストを振り返りもせず、ごめんなさいと謝るよりも
どこまで正しくて、どこを間違えたのかを考える方が次に繋がるのと一緒じゃないかな。

そもそも愛国心について筑紫氏は最後に「愛国心は悪党の最後の隠れ家」という言葉もあるって言ってたけど。
愛国心がなかったら誰も選挙になんて行かない、誰も納税の義務を果たそうなんて思わない。
それでもいいのか?と聞きたい。


そういや数年前、私の好きなチャゲアスさんがNEWS23で歌を歌ったことがあるんだけど。
「僕はこの瞳で嘘をつく」のアレンジバージョンを歌ったのに筑紫氏はその後「この曲はドラマの主題歌で大ヒットして・・・」と言いだし、その横でアスカさんが苦笑いしてたのを思い出した(笑)



多分もうNEWS23は見ないと思う。
posted by ひとみ at 09:29| Comment(9) | TrackBack(8) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

まず第一歩は報道が公平だと思わないこと

昨日の「たかじんのそこまで言って委員会」はNHKと朝日新聞の体質についてがメインでした。
詳しいことはこちら(ぼやきくっくりサマ)が参考になります。

さまざまな意見の中がありましたが、その中で橋下弁護士が
「週刊誌は嘘、新聞は立派という考えがもはや古い」というようなことを言ってました。
新聞社も所詮企業だと。

確かに朝日新聞を見ていると、これを「一般紙」と言っていいのか疑いたくなります。
どこぞの「聖○新聞」とかと変わらなさそう(笑)

ただ今でもやっぱり朝日といえば読売、産経などに並ぶ立派な一般紙という認識が
まだまだ強く残ってますから。
朝日に染まっていく人がいるのは怖いことですね。

最近朝日新聞を見ていて思うのが投稿欄「声」の質の悪さ。
社説や記事そのものはまぁまだ前ほどひどくないですが、「声」は選挙後自民が勝ってからひどすぎます。

今日の「声」を一つとりあげてみます。

わかった上で投票したよね (ネット上ソースなし)
広島市 51歳 病院職員(女性)

「選挙結果に驚いて今更不平を言うのはもう遅い」というご投稿に、自虐的な意味も込めて賛成!
きっとみんな自分の意思で投票したはず。その結果、郵便料金が上がっても、税金がっぽり取られても、年金が減っても、徴兵制が敷かれ、かわいい子供が兵隊にとられてもいいんですよね。
すごい!私の見渡す範囲で、これに耐えることのできる人、そんなにいないと思うんですけど?
こんなはずじゃなかったと後で言われても困るんです。しっかり責任とって、自ら痛みを感じて下さい。できましたら、現体制に賛成投票した人から順に痛みを与えて欲しいな。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・51歳が書く文章か!?

「その結果、郵便料金が上がっても、税金がっぽり取られても、年金が減っても、徴兵制が敷かれ、かわいい子供が兵隊にとられてもいいんですよね。」
この極端な発想はともかくとしても
「できましたら、現体制に賛成投票した人から順に痛みを与えて欲しいな。」って。
小学生の意見じゃあるまいし。

最近朝日は捏造報道でバッシングを受けてることもあってか
こういう投稿欄なら「読者の意見ですから」で済ませられるしと思ってんのかわかんないけど選挙後毎日毎日こんな意見ばっかりですよ。
結構新聞の投稿欄って好きなのになぁ。
まぁある意味楽しみではあるけど(笑)

同じ今日の天声人語はこれ

まさか。そう思って、2度、3度と検算してみた。やはり正しい。うーむ。考え込んでしまう。先日あった総選挙での300小選挙区の票数のことである。

 自民、公明両党の候補者の得票数を合計すると、ざっと3350万票だった。一方の民主、共産、社民、複数の新党や無所属を全部合わせると3450万票を超えている。なんと、100万票も与党より多いではないか。

 小泉首相は断言していた。「郵政民営化の是非を問う選挙だ」。そして、法案に反対した自民党議員の選挙区に「刺客」を送った。「民営化反対だけの候補者になったら有権者も困る。賛成の自民、公明どちらかの候補者を出さないと選択できない」という理屈だった。

 まるで、小選挙区で民営化への白黒をつける国民投票を仕掛けたように見えた。ならば、この票数では民営化は否決されたことにな りはしないか。反論はあろう。無所属の中には民営化賛成もいたとか、比例区の得票数なら与党の方が多いとか。

 でも与党の議席占有率ほど、民営化の民意が強くないのは確かだ。小選挙区制は死票が多いぶん、民意のわずかな違いが大きな議席の差を生み、政治を一気に動かしていく。12年前、カナダで約150あった与党の議席が2に激減した例もある。

 とはいえ、民意を一方向に束ねたような今回の結果には改めて驚いた。きょう、小泉首相は所信表明演説で郵政民営化を熱く語るはずだ。そのとき、小選挙区への投票者の過半数が、必ずしも民営化に賛成ではなかったという事実は、頭の片隅にあるのだろうか。


いい加減、受験で「天声人語」使うのはやめた方がいいと思うよ。
って最近も使ってるのかな?

だったらはっきり言っちゃえばいいのに「自民が嫌いです」って。
中途半端に時々民主を叩いてみたり、小泉さん誉めてみたり、公平っぽく見せなくてもいいのに。

まず読者が賢くなるべきですね。

あぁちなみに「たかじん〜」は関東に進出する気は全くないんだそうで。
一度全国進出、ゴールデンタイムの話があったんだけどたかじんが断ったと言ってました。
あの番組の特に宮崎さんの暴露はすごいものがあるので(笑)
彼も「たかじんさんについていきます!」って言ってた。
多くの人に見てもらいたい気持ちはありますが、地方番組だからこそ言える事があるんだしね。
ちなみに熊本では視聴率20%を越えたそうです。
日曜の昼間に。
関西より先に熊本だったことにたかじんはちょっと不満そうでした。
関西のノリな番組だと思ってたけど九州でもウケてるんですね。

それから関西では1週遅れ、「爆笑問題のススメ」も昨日偶然みました。

「神のいどころ」サマでみていたので子供が寝付くまでみてただけですけど。

私、昔爆笑問題が漫才をやってた頃すっごい好きだったんですよ。
超おもしろかったし。
でも看板番組が増えて、ただの司会進行、太田さんは邪魔するだけになると全然つまんない。
挙げ句、「拉致問題を片づける前に国交正常化」にウンウン頷かれては・・・。
私の好きな真鍋かをり嬢を洗脳しないでおくれ(笑)

以前インリンの記事も書いたことがあるけど、インリンにしろ爆笑問題にしろ
やっぱり何も知らずにただ彼らのファンだっていう人多いと思うんですよ。
そういう人が安易に彼らの意見に傾向してしまうのが一番怖いですね。
だって好きな人の発言ってやっぱり贔屓目になるし。

な〜んかすっかり太田さんを見る目が変わっちゃった。
昔はほ〜んとおもしろくて好きだったのになぁ〜。
posted by ひとみ at 14:37| Comment(12) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

たかじんのそこまで言って委員会

7日の放送の内容を少し。

今回の内容は
1.地震予知は可能?不可能?
2.原爆(日本は原爆の実験台だった?)
3.迷ってる人たち

2の内容を。
今、私自身ほそぼそと「東京裁判ーもう一つのニュルンベルク」という
それはそれは分厚い本を読んでいるんですがその内容とあわせて。

そもそも原爆というのを最初に作ろうとしたのはナチスドイツ、ヒトラーでした。
それを知ったアインシュタインら化学者はそれを使用させないようにと
アメリカにドイツよりも先に作るように提案します。
そこでアメリカは20億ドルをかけて原爆を作りました。
しかしそれができあがった頃にはナチスドイツは降伏、ヒトラーは自殺していました。
化学者はよかったよかったと安心しましたが
アメリカは20億ドルものお金を使ってしまった以上使い道をどうするかの論争が始まります。

その頃日本は敗色が濃厚でした。
その頃になってソ連が参戦をしようとします。
日本が負けるのは目に見えていること。
アメリカ政府が考えていることはすでにその先の戦後裁判のことでした。
負けた後の日本を誰が管理するか。
ソ連の参戦によって日本が負けを認めたら、その後の裁判にソ連は大きな影響力を持ちます。
このままアメリカの力で敗戦へ持ち込みたいアメリカ。
そこで7月にポツダム宣言の受諾(無条件降伏)を日本に求めます。

しかし日本は陸軍のメンツにかけて無条件降伏は受け入れられませんでした。
(私が読んでいる本によると陸軍は時に首相以上の権力を持ち、天皇と直接話をすることができたようです)
またその本によると無条件降伏してしまうと当然天皇にも戦争責任が及ぶ。
それもネックであったようです。
つまり日本人にとって神であった天皇を犯罪人として扱うことが受け入れられなかったと。

こういった状況により日本はポツダム宣言を拒否。
そして8月6日へ、8月9日へと進んでいくわけです。

東京裁判では東条英機らいわゆるA級戦犯と呼ばれる人たちは
「平和に対する罪」により死刑を言い渡されます。
しかし原爆を日本に落とし、40万人の日本人を殺したアメリカ人、当時の大統領は全くお咎めなし。
原爆は本当に必要だったのでしょうか?

広島の平和公園には「過ちは繰り返しません」という碑文があります。
これは古くから論争の対象になっていました。
「過ち」とは何なのか。
それが原爆だとしたらその過ちを犯したのは日本人ではなくアメリカ人ではなかろうかと。

以前、日教組について書いた時にも登場した
私の広島出身の友達曰く「原爆は日本が戦争をしたために落とされました。
日本の責任です」と習ったと言ってました。
表現の仕方はいろいろでも私たちもそう習った気がします。
少なくともそうし向けられたような。
じゃなかったら日本人はもっと「反米」感情を持っていたはずです。

でも今日も辛坊さんが言ってましたが教育のあり方として
「日本が悪いことをしたから原爆を落とされて当然」という考え方はおかしい。
それだとすると裏を返せば
「悪いことをすれば原爆を落とされてもしょうがない」という考えになる。
平和主義者がこういうことを言うことはおかしいと。

今更、あのとき原爆を落としたアメリカをどうこういうつもりはありません。
でも戦後日本はアメリカに一切の請求を拒否しました。
つまり原爆に対しても日本はアメリカを責めませんでした。
こういった曖昧な態度をとったがことが今日の核兵器の広がりに繋がっていることは間違いありません。
唯一の被爆国であるはずの日本が強く非核を主張しなかったことにも
今の核兵器の広がりの原因はあると思います。

三宅さんが「核兵器は国が持っている段階では特別怖いものではない。
ただしそれがどんどん増えて輸出され、テロリストに渡るのが一番怖い。
テロは防ぎようがないから」と。
確かに。
今まで核って戦争にならな使わへんやろって感じにしか考えてなかったけど
今度どこかで起きるテロは核兵器を使うかもしれない。
そう考えると核問題って本当に大事な問題なんだなぁと(激しく今更)

ただし作る技術があり、作れる素材がある状態で全員(全ての国)が廃棄するのは難しいと思う。
こそっと作るかも知れないし。
でも管理することならできる。
これが現実かも。

戦争もテロも人間の汚い部分が表面に現れる。
アメリカ人のエゴで原爆を落とし、日本人のエゴで敗戦を認めなかった。
結局戦いの最後ってそういう汚い部分ばっかりだと思う。
「過ち」を繰り返さないのは日本人、アメリカ人限らず
地球人として生きている私たち全てに言えることなんだと思う。
すべての国の人間が被害者にも加害者にもなれるから。


(余談)
今日の委員会メンバーに地震予知否定派のロバートゲラーさんがいました。
彼は今回の教科書問題について「日本の都合の悪いところを削除するのはおかしい」と発言。
三宅先生に「アンタそれは毒されてるよ」とバッサリ。
他のメンバーからも非難を受け、宮崎さんには
「読んだことないんでしょ?読んだことないのに勝手なこと言っちゃいけないよ」と。

正直、私も結構最近までつくる会の教科書って過激なんだろうなぁって思ってました。
えぇ毒されてました(・∀・)<オィ
「今までの教科書が日本のあることないこと悪いところばかりを書いていた」ので
「正しい歴史認識で書く」ということを今の報道で理解するのは難しいんだろうなぁと思いました。
「日本にとって都合の悪いところを削除した」と言う方が簡単だもんねぇ。。。

こうやって誤解してる人ってたっくさんいるんだろうね。
たとえ市販されたってそれを買って読もうとする人は少ないと思うし。


少しって書いたわりになげーな。


細かいやりとりはこちらが参考になります↓

「たかじん委員会」辛坊さんが原爆で左派教育者批判 (★★★ぼやきくっくり★★★サマ)
posted by ひとみ at 00:50| Comment(4) | TrackBack(3) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

嫌韓流続き&北京で観客大騒ぎ

昨日話した嫌韓流。
メディアスルーな例を二つほど。

ヒロシです・・・  (神のいどころサマ)

ヒロシです…

アサヒ.comのアマゾンランキングがなぜか2週間も更新されません。
やっと更新されたと思ったのですが、
※ランキングの対象書籍にコミックは含まれていません。
という注釈が付いたとです。


TBSの番組の「書籍ランキング」の内容が急に変更されている件について  (mumurブログサマ)

7/2 http://www.tbs.co.jp/brunch/20050702.html 「本」総合ランキング
7/9 http://www.tbs.co.jp/brunch/20050709.html 「本」総合ランキング
7/16 http://www.tbs.co.jp/brunch/20050716.html 「本」総合ランキング
7/23 http://www.tbs.co.jp/brunch/20050723.html 「本」総合ランキング
最新 http://www.tbs.co.jp/brunch/index-j.html 「本」タレント本ランキング


さすが朝日&TBS。
嫌韓流どうやら10万部を越えるヒットのようです。
普通に笑ったので引用させてもらいました。
それだけ必死なんだろうなぁってことで。


今朝テレビを見て知ったニュース。

北京で観客大騒ぎ/五輪へ向けマナー懸念も

29日夜に当地で開催されたバスケットボールの国際大会の中国−プエルトリコ戦で、観客がプエルトリコ選手に物などを投げつける騒ぎがあった。2008年北京五輪開催を控え、スポーツ観戦のマナーの低さが懸念されている。


発端はプエルトリコの選手のファウルが原因で両選手が乱闘になったことから始まったみたいです。
まぁ選手同士の乱闘はよくあることでしょう。
バスケでも野球でもさ。
でもそこに観客が入っちゃいかんよ。
もの投げちゃいかんよ。
まぁプエルトリコの国旗を焼かれたなかっただけマシ?(笑)

北京オリンピックすっ飛ばしてロンドンでやろうよ。
サッカーは反日慣れしてるけど他の競技の選手は辛いだろうなぁ。
posted by ひとみ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

本来のブログスタンスからはずれるのですが。

私が愛読している古田敦也さんの公式ブログにこんな記事が。
トラバさせて頂きたいのでブログの方に書きます。

まぁこのことに関しては多くの人が疑問に思っていると思います。
どうして貴乃花親方があれだけのテレビ出演を繰り返すのか?
マスコミのいいカモになってるってことに早く気づいて欲しい。
こういうことはマスコミが勝手に騒いでいればよく
当の本人たちは無言を通して欲しいというのが多くの人の考えではないだろうか。
それは亡くなった親方のことを考えれば誰もが思うことだろう。

私がこの古田さんのブログで驚いたのは「こんなことを古田さんが言うのか〜」ってこと。
ニュースとワイドショーの垣根がなくなっているのは私も常日頃思っていたことだが
こういう事ってやっぱり一般人に限らず思ってることなのねぇと。
まぁテレビという枠から見れば古田さんも一般人か?(笑)
ワイドショーがこういうことを繰り返し繰り返し流すのは別にいいです。
「日本も平和だなぁ」で済む話。
でもニュースもこういう扱いになると「もっと報道することがあるだろう!」とか
「それを流す時間があれば何か特集くんでやれよ!」とかそういう気持ちになる。
昨日はニュース番組に貴乃花親方が生出演する始末。
日本人が皆、この騒動を楽しんで見ているとでも思っているんだろうか。

これとは別に最近思うのが、歌番組のお笑い化。
HEY!3にしろうたばんにしろこれって「歌番組?」と思うほどに歌の扱いが短い。
ゲスト(歌手)とのトークで笑わせるならまだしも
変な企画をしたり、お笑い芸人を呼んできたり。。。
Mステも若干そうなりつつあって、私は最近これらの歌番組をほとんど見なくなった。

確かにニュースも音楽ももうそれだけでは高視聴率を得られないのかも知れないけど。
もう少しプライドを持ってやれないものだろうか?
視聴率では表に出なくても、必要な伝えるべき事が少なくともニュースにはあるはずなのに。

私も最近のテレビの流れについていけてないみたいですよ、古田さん。
posted by ひとみ at 13:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

朝日はさておき

朝日の社説 東京裁判否定 世界に向けて言えるのか
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

なんで東京裁判否定が戦争責任に話が飛ぶんだろう。
東京裁判のあり方には問題があったと思うけど
だからといって日本が起こした戦争を正当化するつもりはありませんけど。

そんなことよりブロードキャスター。

朝日ほどじゃないにしろTBS・毎日系も結構やりますなぁ(笑)
今日のブロードキャスターで靖国神社が取り上げられていましたが。
明らかに日本の首相が悪いぞ的報道。
靖国神社の方が出られていて
「ここではA級戦犯とは言っていません。「昭和殉難者」と呼んでいます」というセリフのあと。
「どう呼んでいるかはさておき・・・」っていうナレーター。
おぃおぃそれは大事だろ。
A級戦犯と昭和殉難者(おそらくこれはA級戦犯だけじゃないよね)じゃ全然違うと思うんだが(笑)

どうして一言「A級戦犯は国内では無罪」って言えないのかな〜。

だいたいスタジオは小泉さんが靖国参拝をやめれば中国とうまくいくって雰囲気でしたけど
ほんとにそう思ってるんですか?って感じ。
反日デモで世界から中国批判されたらすぐに台湾問題に話を移したじゃんね。
六カ国協議のことを考えれば中国や韓国と仲良くしといた方がいいのはわかるけど
だからといってなんでもへこへこするのはどうなん?
そして靖国参拝反対が6割ってほんまなん?
そんな調査結果見たことないぞ。

まぁそれを見て日中共同宣言をもうちょっと勉強しないとなということはわかった。

こんな番組ばっかりだからたかじんの視聴率がいいのかなぁ(笑)
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

朝日の社説

今日もまた朝日の社説にげんなりですよ。

朝日の社説

日中関係 ああ、なんと不毛な
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

  日本を訪れていた呉儀・中国副首相が、
  小泉首相との会談を急にキャンセルして帰国した。

  当初は「緊急の公務」と説明されたが、
  のちに中国外務省は「日本の指導者が、靖国神社の参拝について
  繰り返し中日関係改善に不利となる発言をしたことは大変不満だ」
  とする談話を発表した。

  首相との会談を当日になってキャンセルするのは極めて異例だ。
  理由を明確にしなかったのもマナーに欠ける。
  ただ、最近の経過を振り返れば、
  中国ばかりを責めることはとてもできない。

  (中略)

  実際、中国はその後、各地に広がった反日デモを抑え込んだ。
  日本公館が投石などの被害を受けたことに
  謝罪はしていないが、原状回復を約束した。

  翻って、小泉首相の対応はどうか。
  先週の国会で「どのような追悼の仕方がいいかは
  他の国が干渉すべきでない」と述べ、
  これまで以上に強い口調で年内の靖国参拝に意欲を示した。



意味がわかんないですよ。

そもそも中国は反日デモの被害に謝罪してないんですよ?
金は出すけど謝罪はしないってどうなの?
普通に考えてもみてよ。
自分の子供が暴力を受けて相手の親に
「そもそもおもちゃとったアンタの子供が悪い。
治療費は出してやるけど謝罪はしません!」って言われたとしたら?
たとえ自分の子供のしたことがきっかけでケンカになったとしても
相手から一方的な暴力を受けたら抗議しませんか?
ケンカはしてもいいけど叩いたらダメ!というのが躾の基本じゃないですか?

だいたい治療費を払うと言ってる時点で
相手の親は自分の子供の非を認めてるわけでしょ?
だったら謝れよ!と思いませんか?
お金を受け取って「はいそうですか」で済みますか?

  謝罪はしていないが、原状回復を約束した。

これで納得しろというのか?できるのか?

だいたい首脳級クラスの会談をドタキャンなんて極めて異例の事ですよ。

それすら中国政府は会見で「ドタキャンしたのは日本の責任」と言ったのですよ?
それを許せと?

日本は何をされても許すんですか?
60年前に犯した罪を理由に?靖国参拝を理由に?
中国は一体何をしたら謝罪するんですか?

暴力をふるったら謝罪をする。
ドタキャンしたら謝罪をする。
これは人として当然のことではないですか?
どうしてそんなことすらできないの?

それを中国ばかりを責めるなという朝日の言い分もわかりません。

もちろん小泉さんや政府が全て正しいとは言わない。
特に小泉さんは国民に対しても、他国に対しても説明不足だと思う。
これだけ毎度毎度謝罪しろとか靖国行くなとか言われるなら
毎度毎度いつどこでどう謝罪したか
A級戦犯の意味を知ってますか?靖国の意味を知ってますか?
一つ一つ説明してあげないとダメだと思います。
それをね「罪を憎んで、人を憎まず」で片づけちゃダメですよ(笑)
う〜ん、安倍さんが首相になったら何か変わるかな〜変わるといいな〜。
町村外相は結構ずばずば言ってくれるので割と好きです。

数日前「爆笑問題のススメ」に石破茂さんが出てました。
関西は1週間遅れみたいですね。
石破さんが国防長官だったときって
しゃべり方キモイよな〜くらいしか思ってなかったんですけど<失礼
太田さんの質問にひとつひとつしっかり的確に
答えている様子はなかなか好印象でした。

その中で日本のミュージシャン(路上)に「あなたは平和の為に何ができますか?」
という質問をしたときにそのミュージシャンが
「自分が誰かを愛して、その人をとことん愛して
それが伝わって行けば世界も平和になると思います」って言ったんですよ。
それに対して石破さんははっきりこう言いました。
「私は政治家です。
政治家は楽観的ではいられない。
常に最悪の状況を考えなくてはいけません。
愛する人の為に戦争をするというのが
戦争のコアの部分でもあると思うのです」と。

人と人なら、例えばお隣の中国人と仲良くして
そこからお互いにお互いの国を理解していくこと。
そういう草の根的なつながりを持つことができ
そこから始まる友好がある。
ただ政治は違う。
私は政治としての中国は嫌いだ。
中国政府のやり方はおかしいと思う。
でもだからといって=「中国国民が嫌い」にはならない。
優しい中国人を知ってるから。

結局ね、人が人としてできることはそのミュージシャンが言ってるようなことだと思うんです。
ただ残念ながら草の根は草の根であって上には伝わらない。
中国政府はそれをくみ上げる気すらないのだと思います。
哀しい哉。
日本と仲良くする気もない国とどうやって仲良くなれと言うのですか?

中国が新幹線を作るのに日本が援助することも反対です。
貧しい地域に井戸や学校を作ってあげるODAなら私は賛成です。
でも都心はあれだけ栄えているじゃない?
そこにお金をあげるくらいなら違う国のもっと貧しい国に援助しませんか?
中国や韓国に対してのビザの拡大も私は反対です。
日本にどれだけ韓中の不法滞在者がいると思っているんですか?
日本で起こる外国人犯罪の韓中の比率を知っていますか?
日本政府はどこまで韓中に優遇したら気が済むんでしょう?
この辺の日本政府のやり方はちょっと理解しがたいです。

それでも私は靖国参拝は支持します。
右寄りですか?(笑)

だけど私に優しくしてくれた中国人や韓国人のかつての友達は今も好きです。

(余談)

NHKのプロジェクトXの問題。
例の淀川工業高校の合唱部の話。

プロジェクトX「行き過ぎ表現」、淀川工高が抗議
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20050524p401.htm

このニュースみなさん一度は耳にしていると思うんですが。
確かにNHKが番組を誇張していたとしたら
NHKが悪いんですが。

関西の情報番組に「ムーブ」(テレ朝系)というのがありまして。
まぁ何かといろいろやってくれちゃってる番組なんですが(笑)
昨日この話を2時間番組のうちの1時間をかけて放送してました。
しかも今日もこの話題がTOPらしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・そこまでするほどのネタか?
これって脱線事故と同じ扱いですよ?

ちなみに毎日放送(TBS系)の「ちちんぷいぷい」も
この話題は取り上げましたが、一瞬で終わりました(笑)

朝日新聞にもこの記事はあったけどそんなに大きくは報道していません。
朝日新聞がやると朝日新聞vsNHKのあの問題を彷彿させるからでしょうか?
思えばあの問題もNHKからの質問に朝日新聞が答えていない形で終わってます。
だからかわりにテレ朝が援護射撃?

もっと他にも報道すべきことがあると思うんだけどな〜。
というのはいつものこと。

最後に一ネタ。

[中国副首相帰国]「最低限の国際マナーに反する」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20050524ig90.htm

読売の社説。

  どんな理由があっても、非礼な行為は詫(わ)びる。
  それは、国際社会でも当然のルールだ。

  中国の呉儀副首相が、直前になって小泉首相との
  会談をキャンセルし、帰国した。
  町村外相が言う通り、「最低限の国際マナー」に反する行為だ。

  問題は、直前のキャンセルというだけではない。
  そもそも中国側の希望で設定された会談だ。
  会談では、中国側の要請にこたえて、
  首相が中国人団体観光客への査証(ビザ)発給地域拡大を
  表明するはずだった。

  中国は「礼」を重んじる国のはずではなかったのか。
  もし他国の要人が中国首脳に対し今回のような行動を取ったら
  中国はどう感じるだろうか。
  一言の「謝罪」もなしで済む問題ではあるまい。

  (中略)

  中国の胡錦濤国家主席は訪中した自民党の武部幹事長らに
  「目にしたくない動き」として、靖国参拝、歴史教科書などを挙げた。
  日中関係の発展をビル建設に例え、
  「レンガを一つ一つ積み上げないとできないが、
  ビルを一瞬で壊すことが可能だ」とも語ったという。

  しかし、「ビルを一瞬で壊すこと」につながりかねない
  「目にしたくない」行動を重ね
  日中関係の発展を阻害しているのは、むしろ中国の側だ。


さすが読売。ほっとします。

今やネットで社説が読めるんですから
たまにはこうやって読み比べてみるのもいいもんですよ。
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

日本人なのに・・・

〈トーク朝・日のいま〉 「パッチギ!」で「在日」描いた井筒和幸さん(映画監督)
http://210.145.168.243/sinboj/%82%8A%2D2005/06/0506j0518%2D00001.htm

「日本人は政府も含めて、朝鮮問題について長い間全然意識もせずにいた。
当然、朝鮮を植民地にして、分断の根本原因を作ったことにも目を背けてきた。
なのに拉致問題をきっかけに『ある日、平和な日本から人が北に連れ去られた』という物語を作り上げ
日々それを塗り替え、あげくに国交交渉どころか、経済制裁論にまでエスカレートさせてしまった」

この発言には怒りを通り越して呆れてしまいました。。。

どうして同じ日本人にこんなことをひょうひょうと言える人がいるんでしょうか?
「拉致問題にやいのやいのいうのはいいけど、だったら植民地支配についても考えろ!」
という程度の人の意見は別に悪いとは思いません。
でも拉致問題を捏造扱いするのはアリエナイ!
だってきむじょんいるだって認めたし、実際拉致された人たちが帰ってきてるわけですよ!
『ある日、平和な日本から人が北に連れ去られた』
というのは紛れもない事実な訳!
日本は朝鮮半島を支配しようとしました。
だから朝鮮半島の人たちは日本人がキライです。
だから拉致しました。
そーですか。
で終わる話ではないでしょう。

もともとあの人はあまり好きじゃなかったんですが。
というかキライでしたが。
批判ばっかりなんだもん。
でもさーまぁ彼にはいろいろ過去に事件があったようで
朝鮮には逆らえない状況があるみたいですけどこれはどこまで本当かわからないし
だからってこんなまるで北の広告塔。。。
彼の本心はどこにあるんでしょうか?

福岡の一家4人殺害、魏巍被告に死刑判決
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050519it11.htm

このニュース、新聞には載っていましたが(それで知った)
テレビの報道少なすぎませんか?
ちなみに私はこれを報道しているのを見ることができませんでした。
タイミングの問題?でも割とテレビは見てたぞ。
2足歩行のレッサーパンダもいいけどさ。
日本人が死刑になると大騒ぎなのに、中国人が死刑になって騒がないのはなぜ?
中国人の死刑などどうでもいいから?
それとも中国の悪印象を植え付けたくないから?
どうにもこうにも報道に偏りを感じて仕方ありません。
posted by ひとみ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

インリンオブジョイトイの謎

ひょんなことからインリンについて調べてみたんですが。
インリンの公式サイト
http://www.bekkoame.ne.jp/i/joytoy/www/index2000.html
(ノートンではとめられちゃったよ・笑)
インリンっていうのは本名みたいなんだけどね。
オブジョイトイのジョイトイってJOYTOYなんだけど
おもちゃって意味ではないらしいね。。。

はてなダイアリー
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B8%A5%E7%A5%A4%A5%C8%A5%A4?kid=5904

これ公式HPに書いてある文章なんだけど。

読んでてさっぱり意味がわからん(笑)

わかるのは反日とはいかないまでも嫌日であることは間違いなさそう。
っていうか「共産趣味」ってなに?
共産っていう考え方(?)は趣味なのか?

で。
日刊スポーツへの投稿もみつけたので貼っておく。

 インリン 日刊スポーツ掲載原稿全文

 第二次世界大戦を経験していない世代だからといって
 日本が犯した極悪非道な侵略の事実を忘れて良いはずがない。
 侵略された側では代々語り継がれる悲劇の記憶を無視し、
 靖国神社に参拝し、唯一反省の証とも言える平和憲法を踏みにじり
 米国のイラク侵略戦争に加担した小泉政権は人類史の汚点です。
 また、平和主義反戦主義を貫くことでこそ自民党ファシズムに対抗する
 大政党としてのアイデンティティを持つはずの民主党も
 結局は武力や自衛隊を認め、議員の中には自民党議員以上に異常な
 国粋主義軍国主義者が存在するのですから、
 仮に二大政党制にでもなったら日本はまた恐ろしい野蛮国になるのだろうと思います。
 文化優先の非武装中立国家になれば、必然的に敵を作らず、
 世界から愛されることは現実論として可能な道なのですがそういう高い理想で
 国家や世界を語り指導者になる器の人がいない限り、選挙結果がどうあれ、
 日本は経済優先米国追随の馬鹿国のままでしょう。
 もっとも多くの国民が小泉政権を支持しイラク侵略戦争参戦を支持し、
 誇りに思うべき自国の反戦ジャーナリストやボランティアが人質となったら
 誹謗中傷するわけですから、無能な政治家を生むのは無能な国民であり、
 危険な政府を生むのは危険な世論なんだということです。

 台湾人<中国人の私は、平和で穏やかな日本の日常が大好きですが、
 その日常を守るのもまた、有権者の知性と理性です。
 どうか二度と、知性と理性を失わない日本でいて下さい。
 あなたの町に道路を作る為ではなく、日本一国<米国の国益の為でもなく、
 人類の未来の為に、あなたの一票を使って下さい。
 あなたの一票は、人類の未来を明るくも暗くも出来るのです。
 国家や国会議員の義務は先ず平和を守ることです。
 武力を肯定する前時代的な野蛮人に権力を与えたら、
 結果、損をするのは普通の人々=有権者なのです。
 あなたの一票は、あなたとあなたの子孫の生命に関る一票です。


てっきり台湾人だと思っていた私。
でも彼女は中国台湾統一派なんですね。

この文面を見るとまぁ普通のタレントの発言としては
カナーリカナーリ踏み込んでますが、一つの意見としてはそんなに極端には思えません。
(まぁ読んでてそれはおかしいやろ?ってところは多々あるけど
中国の反日サイトに比べればたいしたことなくない?・笑)
でも公式サイトはちょっとビビる。


中国や韓国の人が反日・嫌日感情を持っているのは
そういう教育を受けたからであり、十分納得ができる。
だから正直中国や韓国から来て日本にいる人はどういう気持ちなんだろうって思うことはある。
マイナスイメージできたけどそうじゃなかったって思ってる人もいるだろうし
今もそういう政治的なことで言えば日本は嫌いだという人もいるだろうし
逆に中国人や韓国人を大人げないと思っている人もいるでしょう。

それはタレントしかりだと思う。
けど。
彼女はフジテレビには絶対に出ないらしい。
確かにあの人をよく見るのはテレ朝。

正直この人が日本で活動する意味がわからんのだけど
それよりもこういう人を起用する日本のテレビ業界の方がよっぽどわからん。

今日からあの窃盗タレント(笑)も復帰したらしいし
どうも芸能界というのはよくわからん世界だなぁ〜。
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

今一番好きな番組

たかじんのそこまで言って委員会
http://www.ytv.co.jp/takajin/

常々私が見ていると言い続けている番組ですが
今日は特にわかりやすくておもしろかった。
竹島問題。

今日の番組でわかったことがひとつ。
3月1日の韓国の独立祭でのむひょん大統領が
「日本は謝罪して、賠償するべきものは賠償すべき」と発言しました。
でも賠償は40年前の日韓基本条約で
日本が5億ドル払うことで「完全かつ最終的に解決した」と言っているのに
何を今更?って思っていたのです。
今日の解説によると今のむひょん大統領の支持率が20%くらいしかないんですね。
それが理由。
結局「困った時の反日」

反日感情は韓国であれ、中国であれ小さい頃から教育されているものなので
自分に批判が集まると他に敵を作って非難をそっちに持っていく。
その矛先がいつも反日。

江本さんも言ってたけど今回のこういう発言にしたって
やっぱり総理大臣が大統領にビシっと言わないとダメだと思うよ。
日本は確かに自分から戦争はできないし、しないし
中国や韓国を侵略しようとした過去があるけれど
だからといって相手の言うことばっかりは聞いてられません!
どうしてこういうことが言えないんだろう。。。

でもね、ほんと日本人はもっと歴史を勉強した方がいいね。
橋下弁護士も言ってたけど日韓併合ってどうやら悪いことだけではないみたい。
もちろん戦争を正当化するつもりはまったくないけど。
まだまだ勉強しなくちゃね。

今日は本当に勉強になりました。
ちなみに私何度もいいますが討論番組があまり好きではないの。
人が喋ってるのにやいのやいの。
でもこの番組はほんとに好き。
ということを北海道に帰った時にお姉ちゃん(東京在住)に熱く語りました(笑)

4月から放送エリアが拡大されるようですが
みんなに見て欲しいけど、全国区になると多分放送できないことが
いっぱいでてくると思うので(笑)複雑〜。

数日後こちら↓のサイトでテキスト化されるので見れない地域の人はどうぞ。
http://dklog.jp/u/yuuko999/

しかし田嶋陽子さんは昔からあんまり好きじゃなかったけど
最近ますます発言が極端になってますます好きじゃなくなりました(笑)
なんつーか戦争=慰安婦・売春みたいな。
すぐそっちの方向に話が進むし。
自分の都合のいいことの方に話をすり替えすぎ。
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。