2006年01月10日

これって笑うところじゃないの?

日本に報道規制を要求 中国「対中批判多すぎ」 (共同通信)

【北京9日共同】中国外務省の崔天凱アジア局長は9日、北京での日中政府間協議で「日本のマスコミは中国のマイナス面ばかり書いている。日本政府はもっとマスコミを指導すべきだ」と述べ、日本側に中国報道についての規制を強く求めた。
 メディアを政府の監督下に置き、報道の自由を厳しく規制している中国当局者の要求に対し、日本外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長らは「そんなことは無理」と説明したという。
 日本側によると、崔局長はまた、小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題や日本国内での「中国脅威論」の高まりなども挙げ「(日中間にあるのは)日本が起こした問題ばかり。中国は常に守りに回っている」と批判した。

普通にこれみて笑ったんですけど。

政府間協議をやっていたことは知ってましたが、このニュースはウケた。
日本側の「そんなことは無理」ってウケる。
そうしか言いようないもんな。
そりゃ無理ですよ、日本は言論の自由があるんですからね。
中国とは違うわけですよ。
相手の国を理解しない典型じゃないでしょうか。

しかも日本のマスコミなんて中国よりばっかりだと思うけど。
それとも政府(小泉さん・麻生さん・安倍さんあたり)が中国を批判してることを
そのまま報道しているマスコミに不満???

>(日中間にあるのは)日本が起こした問題ばかり。

どの口が言うねん!っちゅー話で。
上海の外交員自殺事件は日本のでっちあげ?
靖国参拝は日本の首相が行くのが悪い?
ガス田開発は?
余計なお世話って感じなんでしょうか?


それで政府間協議って具体的にどんなこと話し合ってるんでしょう?<オィ


ぼやきくっくりさんのところで知ったニュース。

女系天皇、結論先送り 政府検討、5−10年猶予設定 皇室典範改正案 (北海道新聞)

なんで地方紙しか載せていないのかわかりませんが。
これが本当ならいいなと思うけど。
女系がダメとかいいとか言う前に2000年以上も続いてきたことに対してあっさり決めすぎでしょ。
しかも天皇家の家督問題でもあるのに天皇家の意見聞かないとかおかしいし。

政府関係者によると、「首相も女性天皇は念頭にあったものの、女系容認まで想定していなかった」という。首相は有識者会議の報告書について「大変意義深い」と述べながら、女系天皇に関しては「(反対論との)調整は国会で議論する」として直接的な評価は避けている。

・・・アンタ、今まで何話し合わせてたのよっつー(笑)
posted by ひとみ at 00:44| Comment(6) | TrackBack(7) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

続・上海総領事館員が昨年自殺

最近の日本は中国サマの言うことを全く聞かず、文句ばっかりで困ったもんですネ。

中国外務省:総領事館職員への情報提供強要遺書に憤慨 (毎日新聞)

上海の日本総領事館の男性職員が中国当局から外交機密に関する情報提供を強要されたとの遺書を残し自殺したとされる問題で、中国外務省の秦剛(しんごう)報道副局長は29日の定例会見で、自殺から1年半後に表面化した点などをあげ、「別の下心がある」と指摘し、「工夫を凝らした悪口で中国のイメージを悪化させる日本政府の行為に対して強烈な憤慨を表明する」と批判した。

 秦副局長は会見で同問題について両国間で決着済みとの見解を示した。日本メディアによる報道については「根拠のないものだ」と一蹴(いっしゅう)した。


発言内容が北朝鮮と一緒だなと思ったのは私だけでしょうか?(笑)
あ、今回は「妄言」って言わないの?みたいな。

日本側としては自殺の理由というとてもデリケートな問題なので扱いにくい、あるいは公にしにくいところはあると思いますが、主張すべきことはバシバシ言ってもらいたいと思います。



ところで我が家は来年2月まで朝日新聞なんですが、この前社説を読んでて「ん???」と思ったんですよ。
まぁそれはいつものことなんですけどね。
でも結局何も調べずそのままにしていたんですが、mumurブログさんにそのことでおもしろい記事がありましたので紹介します。
(ホントmumurさんのブログはオススメなので私のHPから遊びに来てくれている友たちも是非チェックしてみてね)

毎日新聞と朝日新聞が同じ内容の靖国参拝批判社説を掲載する

毎日と朝日が中国共産党の意向を受けた瓜二つの社説を書いた件で、論説室が大騒ぎだった模様


ネットに書かれていることなのでもちろん信憑性は曖昧ではありますが、これが本当だとすると最近左よりになりつつあると読売新聞が指摘されているのもわかる気がします。

ちなみにこの社説の内容に関して、丁寧に説明してくださっているのがぼやきくっくりさん。
こちらのブログはひとつひとつ丁寧に掘り下げてくださっているのでわかりやすいですよん。
参考に是非!

靖国参拝を深刻な外交問題にしているのは朝日新聞です


そんなわけで2005年のブログはこれにて終了☆
時事ブログをはじめて半年、多くの人のブログを読むことが増え自分自身とても勉強になりました。
時事系の本も半年で20冊ほど読みました。
来年もぼちぼち書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。

みなさま、よいお年を。
posted by ひとみ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

上海総領事館員が昨年自殺

最近全くと言っていいほどテレビでニュースを見なくなりました。
もっぱらネットですなぁ〜。
そんな今日もネットでこのニュースを知りビックリ。
(久々の更新でごめんなさい)


上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書(読売新聞)

中国・上海の在上海日本総領事館に勤務していた40歳代の男性館員が昨年5月、中国側から外交機密に関連する情報などの提供を強要されていたとする遺書を残し、総領事館内で自殺していたことが分かった。

 外務省は館員が死亡したことは認めているが、「遺族の意向があり、詳細については話せない」としている。

 複数の政府関係者らによると、館員は、総領事館と外務省本省との間でやり取りされる公電の通信技術を担当する「電信官」だった。

 自殺後、総領事や家族などにあてた遺書が数通見つかっており、このうち総領事あての遺書の中に、中国人の男から交友関係を問題視され、総領事館の情報を提供するよう求められたという趣旨の内容が記されていたという。

 要求された項目は、総領事館に勤務する館員の氏名や、外交機密に属する文書などを上海から日本に運ぶ際に利用する航空便名――などだったといい、男は情報機関関係者だった可能性が高いとみられている。

 遺書の中に、「国を売ることはできない」などとも書かれており、館員は外交機密に関する情報は男に伝えなかったとみられる。



このニュースを読んだとき、2つ思ったことがあって。
一つは「中国がやりそうなことだなぁ〜」
もう一つは「この領事館員は立派だな」です。


まず「中国人の男から交友関係を問題視され、総領事館の情報を提供するよう求められた」というのは以前、「たかじん委員会」でも勝谷さんが発言してました。
中国や北朝鮮に行くと通訳がやたらとボディタッチしてきたり、耳元に息を吹きかけたりすると。
そういうのにハマってしまう政治家は結局そのことを中国や北朝鮮につっこまれあっち寄りの政治家になると。
実際に亀井(静香)さんもそういう接待を受けて、でも断って帰ってきたみたいだけど。
そういうことは本当にあると言ってた。
日本の政治家って今でこそそうでもないのかもしれないけど、脇が甘そうだし
政治家の中に親中派がごまんといるのを見ると普通にあり得そうよね。

でもこういう状況の中、政治家は親中派にコロッと方向転換するのに
この方は最後まで「国を売ることはできない」と拒んだんですね。
もちろんもっと別に方法はなかったかとは思います。
やはり自殺というのは遺族にとっても辛いことだと思うので・・・。
それでもこの方に「潔さ」を感じるのは私が日本人だからでしょうか?

ほんと日本はもっと国内外のスパイを警戒すべきですよ。

以前、オーストラリアに中国人スパイが1000人いるという報道があったときにも書いたけど
(6月13日付け「割と想像力が豊かな私」
政治やマスコミのもっと根の深いところにまで入り込んでいる気がします。



そんなわけでこのニュースをテレビがどの程度報道したのか知りませんが
2ちゃんねる情報ではワイスクの「夕刊キャッチアップ」で触れられ
その時川村さんが
「日中関係がこういう時に「中国はこんな国なんだよ。」と日本側がリークしたでのはと思う。
何故今頃この情報が出たかの方が問題だ。」

と発言したそうですね。

この人、なに・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
まぁ前から意味不明な解説をしてましたけど。
それおもしろさに結構ワイスク見てたし(笑)

でもなんでそこまで中国を信じれるんですかね。
確かにそういう可能性もあると指摘する程度ならわかりますがこの発言では「可能性」というより「決めつけている」感じ。
そこまで中国を擁護したいってどういう感情なんだろう?
誰かを信じるならまだしも、どこか一国を何はなくてもとにかく信じるなんて私には無理だなぁ。
中国は悪いことなんて何もしないとホンキで思ってるんだろうか。
それともどんな悪いことをしてもそれは日本の戦争責任だと???
それともそれともただ言わされてるだけ?
変なの。



最後に亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
この方が命に代えて守った日本を政治家が間違った方向に導かないように私たちは常に見て行かなくてはいけませんね。
posted by ひとみ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(8) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

最近外交がおもしろい

小泉さんもおもしろいんだけどとりあえず前原さんから。
覚えてますか〜〜?前原さんって誰ですか?って思ってる人いませんか〜〜?(笑)
民主党の今の代表ですよ。顔わかりますか?
その前原さん、代表になるかどうかって頃いろいろ前原さんを調べてみたら
割と自民というか小泉さんに意見が近い人なのかな〜って思ってたんですが。
でも寄せ集め民主の代表になった手前、なんか代表になってからは発言がよくわからん。
新内閣を誉めてみたかと思えば次の日撤回してみたり。
テレビを見てても竹島や教科書問題はウンウンわかるわかると思っても
靖国参拝に話が変わったとたん「え???」みたいな発言連発。

それが最近になってちょっと鞍替え?
それとも持論に戻ったのかしら???

前原氏訪中 中国の軍拡「脅威」指摘 靖国・改憲でも強硬姿勢 (産経新聞)

いつまでもつのやらと思っていたけど

「中国脅威論言い続ける」 前原氏が北京で強調  (産経新聞)

こんなこと言ってて社会党出の民主党員は平気なのかしら?と思っていたら
すかさず今日の朝日新聞で

「反前原」なら社民へどうぞ 福島氏、離党の誘い (朝日新聞)

これ産経で検索したけどでなかった。
朝日だけなのかな?
まぁ自民寄りも社民寄りも一緒になってる民主よりもわかりやすくていいかも。

どうしちゃったの?前原さん。
もう左寄りの党員のことは気にしないことにしたのかしら?
開き直り???
まぁ私としてはこういう方針で民主党が進んでいくなら自民にとって良いライバルだと思うんだけどね。

それで結局胡錦涛さんには会ってもらえなかったみたい。

要人会談が突然キャンセル 「前原外交」は空振りに  (産経新聞)

前原氏は12日の北京の外交学院での講演で、首相の「日米関係万能論」を批判し、「隣国との友好関係を築かずに世界の平和と安定に貢献しようと思っても夢物語に終わる」と強調した。

 しかし聴衆の学生らからはワシントン講演で「中国の軍事力増強は現実的脅威」とした発言への真意をただす質問が続出。呉建民院長が「日本の軍事力も中国への脅威で、前原氏の論理はまったく成り立たない。冷戦時代の発想だ」と切り捨てると、会場から拍手がわく場面もあった。

       (中略)

前原氏は13日夜、北京市内で記者会見し、中国要人との会談見送りについて「靖国問題が解決しても、すべてがうまくいくわけでないことが明らかになった」と中国側の対応を批判。同時に「誰かに会うために自説を曲げることがあってはならない」とも強調した。

うん、まぁいいこと言いますやん。
と私は思うわけですけどどうでしょう。



さらにもっとおもしろいのが小泉さん。
この人、誰かに指示されてやってんのかな?
やっぱ全部独断???
にしてもスゲえや。

つい昨日まで東アジアサミットってやつをやっていたわけです。
私はこれがよくわかんないんだけど(以下、間違いがあればご指摘を)
要するにEUの東アジア版みたいなのを作ろうってこと?
それが東アジア共同体。
で、中国はそれをASEANプラス3(日中韓)が希望。
日本はそれだと中国の力が台頭してしまうので(?)ASEANプラス3に
インド・オーストラリア・ニュージーランドを加えるべきと。
で、今回はそれらの国も一緒になってサミットがおこなわれたと。

そこでのお話。
この東アジアサミットでそれぞれの国の首脳が集まるんだけど
日中・日韓の首脳会議は見送りに。
理由は靖国問題。
あちらから「会いたくない」ってことだったのかな。
だから日本もそれならそれで結構、って感じか?

日中、日韓首脳会談「要請するな」=首相官邸が外務省に指示 (時事通信)

中国の靖国外交「理解できぬ」 首相、ASEAN各国面前で名指し批判 (産経新聞)

ここまででも私はすごいと思ったよ。
いつからこんな当たり前のことが言えるようになったんでしょうか。

私は靖国参拝が日本国内で議論されることは特になんとも思いません。
A級戦犯がいるから首相は行くな!という意見もそれはそれであっていいと思ってます。
でも少なくともこれは国内問題であって、国際問題にはならない。
日本人が自分の意思で行かないならまだしも他国の人に言われたことが理由で
日本国内に行けない場所があるなんておかしいもん。
今までそれが国際問題として扱われていたことが変だったわけで。
このまま来年、8月15日に参拝してくれよ小泉さん。
っていうかそのための布石だと思えるんだけど。。。


そして最後にドカーンとやってくれたのがこれ。

小泉首相:首脳宣言署名で温首相にペン借りる (毎日新聞)

署名式では、温首相と小泉首相が隣り合わせの席順。温首相が持参した毛筆ペンで署名を終えると、左隣の小泉首相は自席前に用意されたペンは取らず、温首相の方に右手を差し出した。温首相は一瞬戸惑った表情で右側のアブドラ・マレーシア首相の方を見たが、すぐに小泉首相の意図を解して毛筆ペンを手渡した。小泉首相はこのペンで署名した。

 この一幕に、会場にいた各国外交団から拍手が起きた。


mumurさんのブログに写真付きで載ってます。
小泉 「君のペンいいねー。貸してよ」


ちなみにこの記事朝日新聞では拍手が起こったことは書かれていません(笑)

気になったのでこのニュースのこと2ちゃんで見たらやっぱり多くの人が小泉スゲーでした。
これってとっても素敵な外交テクニックだと思いません?
貸してって言われて貸さなかったら中国は子供だと他の国から思われるし
貸したら貸したで中国が日本に歩み寄った形に見える。

これが小泉さんのその場での思いつきならほんとすごいと思う。
いや、計算された上だったとしてもすごいんだが。


さて、これからどうなるのか楽しみです。

中国や韓国が先に日本に「会いましょう」と言ってきたらイコール靖国は外交カードとして無効になったってことでしょ?

小泉さんって国内向けの発言はなんちゅーか適当というか
「まぁいいんじゃないですか〜」みたいな感じだけど
海外に行くととたんにビシッと発言するのよね。
日本のメディアを警戒してるからかしら???
posted by ひとみ at 14:41| Comment(4) | TrackBack(11) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

そこは触れてはいけない聖域(サンクチュアリ)

くだらんタイトルですんません。
言ってみたかっただけとです。

ところで中国で有人宇宙船の打ち上げが成功したそうです。
スバラシイデスネ。

有人宇宙船・神舟6号の打ち上げに成功…中国 (産経新聞)


あの〜どーでもいいことなんですが、中国でロケットという言葉を聞いたときに
先行者が真っ先に出てきた自分はイタイでしょうか?(笑)
ってゆーかコレ。
ロケットじゃなくてロボットやし(´∀`)
更にイタイぞ、自分。
でもね、このニュースを聞いて一番最初に浮かんだ映像が「先行者が空に打ち上げられた図」だったんだよ。


まぁこのニュースを聞いて思ったことはいろいろあって。


なんでこんな国に多額のODAが送られてるんでしょ???
有人ロケットを打ち上げられるくらいの経済力のある国になぜ支援!?
私は日本政府が地震や災害があった国に対して多額の援助をしたり
貧しい国に援助したりすることを素晴らしいと思っています。
学生の頃は「金ばっかり払う日本」みたいな習い方をしたけど
そもそも金がないことには病院も学校も何もかも作れないわけで
お金をあげることが悪いことだとは全く思いません。

でも中国はどうなの?
確かに貧しい地域があります。
そこにそのお金が届くならいいですが、やれ空港作っただの新幹線がどーだとか言われても。
そんなものを作るためにあげる金じゃね〜!!

貧しい国民を救おうとすらしない国は最低ですが
(そもそも社会主義国家は万人平等ではないのか!?)
金だけあげてそれを助長させてどーすんの?
金をあげるなら「このお金でどこどこ地区に井戸を掘れとか、病院を作れ」とか
そういうことまで言わないと、そして正しく使われているか監視しないと。

お金あげた上に、そのことを国民は知らず、反日を植え付けられて嫌われたんじゃ
ピエロどころの話じゃないじゃん。
タダのバカじゃん。。。

だったらいっそ、他の国を援助しましょうよ。
もっと有効に使いましょうよ。
日本だって景気がいいわけじゃないんだしさ。
「情けは人の為ならず」ですが、あの国に関してはムダのような気が。。。

ところでいつも読ませてもらっている「あんた何様?日記」さんにこんなリンクが。

長征打ち上げ事故の映像 (音が鳴りますのでご注意を)

へぇ知らなかった〜。
こんなこと日本で報道してたんですかねぇ〜???
さすがディスカバリーチャンネル!という気もしますが。



中国には触れてはいけない聖域(サンクチュアリ)がたくさんあるようで。
posted by ひとみ at 15:26| Comment(4) | TrackBack(1) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

やはり国産を選ぶべき

つい先日ネット上をうろうろしていて中国の四川省でなにやらおかしなことが起こっていると知った。

豚連鎖球菌の感染拡大 中国、情報統制を強化

【北京5日共同】中国四川省で豚連鎖球菌の感染が拡大し、5日までに病死した豚を解体するなどした農民ら200人以上が感染、38人が死亡した。感染ルートは解明されておらず、北京市が発生地産の豚肉を急きょ回収処分するなど波紋が広がっている。


ご存知の通り、日本ではまったく取り上げられていないニュースだ。

私の実家は農業を営んでいる。
母はよく「野菜でも何でもできるだけ、高くても国産のものにしなさい。
中国産はやめた方がいい」と言っていた。
それはよくわかっているのだが、私はいつもつい安い方を選んでいた。

しかし今回のことを通じてやはり国産にしようと思った。
日本国内ならどういう状況で野菜が作られているかなんとなく想像することができる。
それは多少作り方が違っても、日本には日本の常識があると思うから。

参考サイト:

中国で奇病が発生、WHOがアウトブレイク認定し警告。(あんた何様?日記サマ)

いつも読ませてもらっている日記です。
この中で紹介されていたブログも紹介します。
気持ち悪い写真も多いですのでご注意を。
今までさんざん中国の食品(生ゴミ餃子やダイエット食品など)は問題になっていましたがさすがに懲りました。ハイ。

中国の7色に輝く河川と食品(アジアの安全な食べ物サマ)


私は5年ほど前中国に行ったことがあります。
その頃は今ほど日中の仲は悪くなく、私も政治には疎く
ただ単に大学ですこし中国語をかじったので行ってみたいという興味からでした。
北京・西安・上海を2週間かけて回りました。
単なる観光地巡りです。
(抗日記念館にも行きました・笑)
いわゆるパクチーが苦手だった私には少し辛い旅でもありました。
確かに北京はここが首都か?と思うほど閑散としていたし、ほこりっぽい印象は受けました。
西安は日本の奈良みたいな感じに近く、城壁も多く残され雰囲気は一番好きでした。
上海はほんと普通の都会。
旅行中お腹を下すこともなくわりと普通に過ごせました。
それも中国の一部。
でもこのようなブログで紹介されている中国もまた一つの真実。

ひとつに「中国産」と言ってもいろいろだということです。
日本はある程度(世界的に見るとかなり?)高い基準があります。
でもそういう国ばかりではないということですね。

上で紹介したニュースにもありますがSARSも中国政府の隠蔽が原因で拡大しました。
今、中国政府はこのニュースの独自報道を禁止しています。
これもSARSの二の舞にならないとは限りません。

自分の身は自分で守れってことですね。
posted by ひとみ at 23:09| Comment(2) | TrackBack(1) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

最近のニュース

北朝鮮―日本戦、第三国で観客なし…FIFA決定 (読売新聞)
http://news.www.infoseek.co.jp/top/story.html?q=20050429it14_yomiuri

まぁ観客なしっていうのは残念だけど
FIFAが「北朝鮮で試合をするのは危険」って判断したことは
少なからず世界に北朝鮮の悪印象を与えるし
もちろんこれが拉致問題に直接繋がるわけではないけれど
少しずつでもまわりを固めていけるといいなと。

日本代表はこの前のアジアカップといい
逆境には強い人たちだと思うけれど
それでも少しでもいい状況で試合してほしいし
いい結果が出るといいですね。

これで第三国が中国や韓国だったら笑うけど、それはないやろな。



人民日報 『日中共同声明』など3文書を異例の掲載
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050429/mng_____kok_____002.shtml

  中国共産党の機関紙「人民日報」は二十八日、日中間の重要文書である
  「共同声明」「平和友好条約」「共同宣言」の三文書の全文と解説を掲載した。
  中国側は三文書を国民に示すことで、日本が歴史問題をめぐって過去に反省した事実を確認し、
  これ以上の関係悪化を避ける狙いがある。三文書が中国メディアで同時掲載されたのは初めて。

 
  「共同声明」は一九七二年に調印され、日中両国の国交正常化を果たした重要文書。
  同声明の中で日本側は「戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての
  責任を痛感し、深く反省する」と表明。
  また、中国側は「中日両国国民の友好のため、
  日本国に対する戦争賠償の請求を放棄する」と宣言した。


  日本の外交筋は「中国人は、日本は謝っていない、罪を認めていないと言うが、
  それは違うという証明になる。
  中国側にも危機意識が出てきた証拠だ」と指摘した。



どうしたん?中国。
米紙で北京オリンピックの中止を求めるような記事が載ったりして
世界の中で中国が孤立してきたことに対して危機感を持っているのでしょうか?
っていうか今更こんなこといって中国は大丈夫なのか?
だってこれを発表って「今までうちら嘘ついてました」って言ってたようなもんじゃん。
まぁ遅かれ早かれわかることなのかしら。。。



「揺れる日本の安全神話」…尼崎脱線事故に世界の反応
http://news.www.infoseek.co.jp/search/story.html?query=%92E%90%FC%81%40%90%A2%8AE&q=28yomiuri20050428id03&cat=35

今日テレビでやってましたが日本では遅れは「1分以上」だそうですが
イギリスは10分以上、イタリアは15分以上なんだそうです。
つまり1分半なんて遅いうちに入らないってことですね。

これが悪いとは思いません。
これだけ正確なことは日本の誇りだと思うし。

私もJR西日本をよく使っていましたが乗り換えってほんと1分あるかないかなんだよね。
普通電車が先に着いて後から来る新快速を待つ。
乗り換えて新快速がでてから普通がでる。
今回の事故の電車も尼崎で乗り換えがあったために
オーバーランで起こったタイムロスを取り返すためにスピードを出したと。

ここで多分普通に運転して遅れて新快速に乗れなかったら
きっと乗客から苦情は来るでしょう。
それを恐れて運転士はスピードを出す。
この悪循環があったことは明確です。

だから乗客となる我々も時間に正確であることには誇りを持つべきだけど
それを過信してはいけないってことね。
私たちも気をつけなくちゃ。
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。