2005年10月28日

女系天皇か旧皇族の復活か

今日2つ目のエントリーです。

私は今までこの問題に興味がなかった。
皇室の特集番組とか絶対見ないし、まぁどうでもいいに近かった。
決して天皇なんていらないとは思っていないが。
割と普通な日本人の感覚だったように思う。
だから継承問題に関しても私は単純に
「今の時代男の子を産めって強制されるなんてばかげた話だし、雅子さまのプレッシャーだって相当なもんだろうから女性を認めてもいいんじゃないかな〜。だって今までだって女性天皇がいたことはあったんだしね」
的な考え方でした。

でも昨日「ぼやきくっくり」さんのエントリーを読んで興味を持ち、いろいろ調べてみました。
女系天皇は容認できない  (ぼやきくっくりさま)

しかしとにかく今まで皇室に無知だった私は何がなにやらよくわからん。
わからないというよりピンと来ない。
ので、2ちゃんねるから他の方のブログからwikipediaからいろいろ読んでなんとなーく理解できたのでUPします。

そもそも「女性天皇」と「女系天皇」の違いは何か。
女性天皇というのは単に天皇が女性であるというだけ。
過去にも推古天皇をはじめ数人の女性天皇がいます。
で、難しいのは「女系天皇」の方。
今の時代でいうと愛子さまが天皇になったらそれは女性天皇。
愛子さまは皇族の血を父から受け継いでいるので男系の女性天皇。
でももし愛子さまが民間の人と結婚して愛子さまのお子さんが天皇になったら
それは母親(愛子さま)から皇族の血を引く「女系天皇」

要するに「女性天皇」は認めてもいいが、「女系天皇」を認めるかどうかが問題のようだ。

例えば愛子さまが結婚するとき、相手が皇族なら問題ないけど、その可能性はまずないので民間からになる。
その人の皇族入りを認めたとして、愛子さまの子供がまた女の子でまた民間から。
それが3代、4代と繰り返されたら果たしてそれは皇族なのか?と。
そうなったときに天皇が一般化し、天皇制廃止を叫ぶ人たちの勢いになるのでは?ということを危惧しているってことっぽい。

いわゆる「万世一系」ってのを守るかどうか。
万世一系の解説(Wikipedia)はこちら↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E4%B8%96%E4%B8%80%E7%B3%BB

まぁそんなこと言っても女の子しかいないんやからしゃーないやん!と思ったアナタ。
もう一つの考え方が「旧皇族の皇籍復帰による男系男子継承の維持」
単純に旧皇族を皇族に復帰させるってことね。
旧皇族っていうのはこれまたWikipediaによると「1947年(昭和22年)に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の命令に基づく皇室財産の事実上の没収により、従前の規模の皇室を維持できなくなったことなどから皇籍を離脱した皇族およびその男系子孫の総称である。」だって。

つまり「女系天皇の容認」か「旧皇族の皇籍復帰」か。
男でも女でもなんてもいいから今の少ない皇族の中から天皇をなのか、ある程度皇族を増やして常に10人くらいの継承できる人を保ち、男系男子に限るのかってことらしい。
どっちが安定した継承ができるんだろうか?

ということまで昨日調べたんだけど。

私にはだからどっちという結論が出なかった。
私には万系一世のすごさがよくわかんないんだけど、でも単純に2000年以上もこうやって一つのやり方を通してきたことっていうのはすごいなぁって思う。

ただ私がもっと思うのは、愛子さまが将来天皇になるとわかったときに
それでも愛子さまと結婚したいと思う男が、そんな勇気のある男がいるんだろうかと。
そして愛子さまも雅子さまと同じように子供を産めとまわりからプレッシャーを与えられる。
男でも女でもいいと言ったって、子供を産むというのはとても大変なことなんだよ。
それを愛子さまや眞子さま、佳子さま(ん?どっちがお姉さんだっけ?)、あるいは高円宮の娘さんたちだけに強要するのはいかがなもんかな〜って思っちゃう。
そう簡単に皇族入りする覚悟のある男なんてなかなかいないんじゃないの?って思うし
結婚が遅ければ遅いで早くしろと言われ、したらしたで子供を産めと言われ。
こんな思い、誰だってしたくないと思うけどな〜。
それこそ田嶋陽子先生が怒ると思うよ(笑)

で、旧皇族の復活っていうのも私は今更・・・って感じがしたんだけど。
でももともとGHQによって奪われたものならまぁ戻すのもアリかなぁって。
天皇になる資格を持つ子供を産む母親の数はある程度多い方がいいとは思うわけ。
1人の人に男でも女でもいいから子供を産めって言うよりも
5人くらいの人に誰か男の子を産んでねって言う方がまだ気楽じゃないかな〜って。

まぁ結構感情論。
少なくとも天皇っていうのはある一家の世継ぎ問題ではないと思うのよ。
今の天皇の子が皇太子なら、その皇太子の子(つまり愛子さま)が将来天皇になりゃーいいじゃん!
っていう感覚のものではないと。

男女平等社会において、男系男子に限るなんてナンセンス!
あるいは違憲じゃないの???なんて思ってる人もいそうだけど
(私もつい昨日までそう思っていたし)
今の時代に合うとか合わないからという理由で2000年以上続いてきたことを
女性天皇だけならまだしも女系天皇まで認めてしまうのはやっぱりどうなのかなって。
他にできる手があるならそうした方がいいと思うけど。

でもこういうことに全然興味ない人にとっては旧皇族を復活させて男系男子を守りましょうって決まったら、なんでそんなまわりくどいことしてまで男系男子にこだわるんだって言われそう。
物事はなにごとも掘り下げて考えてみないとダメだね。

私が雅子さまだったらやっぱり愛子さまに自分と同じ苦しみは味あわせたくないって思うなぁ。
愛子さまが天皇になれる資格を持ったら自分はもう子供産めって言われなくて済むけど
もっと大変な想いを我が子がするんだと思うとやりきれないと思うけど。。。


ちなみに今日の朝日新聞の「女性天皇どう考える」っていう特集でも「天皇制そのものの議論を」と言ってる人がいました。
やっぱり天皇制を廃止したい人っているんだね。
そんな人たちにとっては旧皇族の復活なんて絶対イヤだろうね。
嫌いなものの勢力が増すだけだもん。
だから朝日も女系天皇を押すんだろうな〜。


最後に皇族に関しては他のこと以上に無知です。
愛子さま他、名前の正しい呼び方すらしりません。
そんなわけでこれから勉強していきますので、こんなエントリーで勘弁してください。。。
完全に母親(あるいは女性)の立場になった意見になってしまいました。
詳しい方は是非TBをお願いします。
posted by ひとみ at 15:40| Comment(3) | TrackBack(6) | 皇室典範 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天皇というものが宗教的存在であるということも忘れてはいけないと思いますよ。彼らは古事記や日本書紀に描かれている神様たちの末裔として日本人の歴史と精神を守るという大切な役割を担われているのですから。そして天皇の行う祭祀には女人禁制の秘儀が含まれており、百歩譲ったとしても皇統に属さない男子には絶対に不可能な奥義も存在するということを日本人ならば知っておくべきだと思います。
Posted by 通りすがり at 2005年11月23日 05:10
コメントありがとうございます。

そうですね〜私もずぅっと男系男子で来ていたのだから男子にしかできない儀式もあるのでは・・・?と思っていましたが。
本当にあるようですね。

2〜3日前も有識者会議の話がニュースになっていましたが、国民よりも皇室の声を聞いて欲しいですね。
なんだか本人たちから隔離されたところで話が進んでいるような気がします。
Posted by ひとみ at 2005年11月23日 09:05
Posted by 直電出会い at 2010年06月22日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

続・かくして万世一系の皇統は断絶する
Excerpt: 「私たちの使命は、皇室制度について、特に安定的な(皇位)継承を実現する際の問題を考えてくれということだった」 有識者会議の座長、吉川弘之元東大学長のお言葉である。よく覚えといてね。  有識者会議の..
Weblog: 金魚のこころ
Tracked: 2005-10-28 20:57

女性・女系天皇容認へ
Excerpt: 『読売新聞(05/10/28)』 女性天皇??有識者会議の結論を尊重したい  将来にわたり安定的に皇位を継承し、皇室制度を維持していくためには、これが責任を持って示せる唯一の回答だったということだ..
Weblog: =社説は語る=
Tracked: 2005-10-28 21:03

皇室典範に関する有識者会議第五回
Excerpt: 皇室典範に関する有識者会議(第五回)議事要旨平成十七年五月十一日(水)午前十時〜十二時於総理大臣官邸大会議室   出席者・皇室典範に関する有識者会議メンバー吉川弘之産業技術総合研究所理事長、元東京大学..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2005-10-29 07:43

女系天皇容認
Excerpt: 「伝統」へのまなざし この問題については、必ずしも「論点」が共有されているわけではない。たとえば、「女性天皇」が容認されたことを歓迎する記事が少なくないのだが、この問題の本質は、文字通り、日本史上初と..
Weblog: ブログ界の正論
Tracked: 2005-10-29 19:20

日本国の象徴の責任と人権
Excerpt: そもそも女帝がOKかNGかを問う前に、「帝制」を続けるべきか否かをきちんと問うべきではないのか? 「責任」はだれにあるのか 小浜 逸郎 時事を考える: 女帝容認はいいんだけど...皇..
Weblog: 404 Blog Not Found
Tracked: 2005-10-29 22:26

男系女性天皇と女系天皇の違い
Excerpt: 三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051103-00000001-yom-soci 三笠宮寛仁さま(59)が..
Weblog: うーぱーるーぱー
Tracked: 2005-11-04 05:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。