2005年10月21日

産経抄&新ゴーマニズム宣言スペシャル台湾論

book15.jpg
産経抄―この五年
石井 英夫 著


私は昔から新聞の1面の下の方にあるコラムが好きで
中学生くらいからかな?ほぼ毎日目を通していた。
結婚してしばらくして新聞を取り始めてからもよく見ていたんだけど
(2年ほど毎日でした)あまりおもしろくない。
今は朝日で天声人語を読んでるけどこれもイマイチおもしろくない。
まぁこんなもんかなぁと流していたんだけど
最近読ませてもらっているブログで時々社説ではなく産経抄を取り上げるのを見て
結構おもしろいなぁと思うようになった。
もちろんおもしろかったときを取り上げているんだろうけど。

そんなわけで図書館に行ったらこの本があったので読んでみることにした。
どうやら今の産経抄を書いている人ではなく、前の人みたいなんですけど。

いわばエッセーみたいなもんなので特にどう思ったということもないんですが
どれもおもしろい。
政治的なものもあれば故人の話や自然の話。
いろいろあるんだけどこれがどれも結構おもしろい。
あっという間に読めました。

一つ思ったのはこの本に収められているのは平成8年からで
ってことは私が高校生のときからなんだけど。
私が学生の頃は今よりも自虐的歴史観な教育で
いわゆる「従軍慰安婦」とか「強制連行」とかならった世代なんだけど
それが普通だったころからこうやって異論を唱えていた人がいたんだなぁと改めて感じた。
こういう人たちの根強い運動で今徐々に変わり始めているのかもしれない。

そういう意味では「小林よしのり」氏も同じだ。

book16.jpg
新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論
小林 よしのり 著


これを読んで台湾って本当に複雑な国なんだなぁと思った。
オランダ統治時代、日本統治時代、蒋介石時代、そして今。
あまりに複雑で上手に説明できないので、この本を読むことを薦めますが(笑)

これを読んでいると「日本人とは何か」「日本人らしさとは何か」ということを考えさせられます。
台湾に行きたくなるしね〜。

私たちはときに政治家に命を預ける。
ある人が言っていた。
「阪神大震災のとき、村山内閣じゃなかったらもっとたくさん救えた命があったと思っている」と。
台湾の地震のときの李登輝(当時)総統の働きを見ると本当にそうだなと思った。
そういう意味でも強いリーダーシップを発揮できる人
「公」の為に命をかけられるほどの政治家というのが日本には必要なんだなぁと思った。

他にもたくさん思ったことはあるんだけど。。。
金美齢さんがそっくりだったとか(笑)

あんまり彼の本ばっかり読むのもどうかと思うけど
戦争論も読んでみようかな〜。

靖国論&台湾論はオススメです。
図書館にもあるので是非。
posted by ひとみ at 21:25| Comment(4) | TrackBack(1) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『台湾論』、いいですよね。『沖縄論』も素晴しい。

「図書館にもあるので是非」って、どこの図書館にもあるわけじゃないと思うんですけど。『靖国論』なんて危険思想書のレッテル貼られてるのでは?焚書されてるかも。ひとみさんとこの図書館はエライ!

『戦争論』がよしりんのスタートです。3部作で大変ですけど、読み出したらはまります。
Posted by 金魚 at 2005年10月22日 00:42
アハハ。
私も書きながらこれってどこの図書館でもあるんかな?と思ったんですがね。
うちの市内の図書館(市内の図書館にある本ならどれでも取り寄せできる)は発売当初に検索したら「マンガ中国入門」もあって予約済みなんですけどかれこれ2ヶ月まだ届きませんねぇ。
しかし何度検索しても「嫌韓流」はない(笑)
タイトルで選んでないか!?
でも最近徐々にメディアでも取り上げられてるしもしかしたらもう入ってるかな〜???
といいつつこれは自分で買って読んだので借りる必要はないんだけど。

戦争論、ダンナも読みたがっているので予約してみるつもりです♪
しかし続けてゴー宣ばっかり借りてたら変な目でみられそ(笑)(´∀`)ヤレヤレ
Posted by ひとみ at 2005年10月22日 08:31
産経抄も天声人語も、各新聞社のホームページで読めますよ〜。
あと、産経新聞の社説のページからは、他の新聞社の社説へのリンクがはってあるので、読み比べをするのにすごく便利です。

Posted by 佐倉純 at 2005年10月28日 12:50
天声人語も読めるんですね〜。
産経抄は最近週1くらいでまとめ読みしてます。
各社の新聞をお気に入りに新聞カテゴリとしていれたのに、最近産経には他社の社説のリンクがあると知り産経以外使われなくなったような・・・(笑)
今日も朝日の社説はなかなかでしたね。

それからいつもTBありがとうございます♪
Posted by ひとみ at 2005年10月28日 14:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: オランダ統治時代 (台湾)台湾のオランダ統治時代は、オランダのオランダ東インド会社|東インド会社が台湾島南部を制圧した1624年から、鄭成功の攻撃によってオランダ東インド会社が台湾から完全撤退した16..
Weblog: 台湾のポイント教えます。
Tracked: 2007-08-17 05:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。