2005年06月26日

3日間の座り込み本当にお疲れさまでした

何もしていない私が「お疲れさま」という言葉を使うのはものすごくためらうのですが。
いくつか参加された方々のブログを拝見させていただきました。
この3日間は本当に暑かったし、3日連続の真夏日という報道もありました。
そのような中、4〜5時間にも及ぶ座り込みは本当に辛かったことと思います。

ブログを読ませて頂いた限りでは民主党の西村真吾さん1人だけが
最初から最後まで座り込みされたようですね。
岡田代表が激励!なんてニュースもありましたが
あの場で声をかけるだけならただの都議選のPRとしか思えません。
少しでも一緒に座り込みをするならまだしも・・・。
岡田代表は拉致被害者が帰国し(当時は一時帰国という名目でしたが)
彼らが「帰らない」と決断した時、「北に返せ」と言った人です。
もしその発言を間違いだったと思っているのなら、声をかける程度ではなく
一緒に座り込むなり、国会で経済制裁を求めるなりして欲しいものです。
まぁ彼がそんなすごい人やったら、とっくに首相になってそうですね(笑)
なんで民主党にいるんだ、西村さんよ。。。

私は大阪にいて何もできず申し訳ないなぁと思っていたら
今日最寄り駅で大阪ブルーリボンの会の方たちが署名活動をしていました。
一度は素通りしたのですが(ごめんなさい)旦那に言って戻り
「署名させてください」と署名させて頂きました。
その時頂いたビラによると10月に支援集会が近くであるようです。
子連れで大丈夫かしら?という心配もあるのですが行ってみたいと思います。

一国民ができることってホント限られてますね。
哀しいくらい非力だと思います。
でも塵も積もれば山となる精神できっと何かを動かす力になれると信じたいです。

「申し訳ない」と陳謝 座り込みに安倍氏

自民党の安倍晋三幹事長代理は26日午後、金沢市内で講演し、北朝鮮による拉致被害者家族会や支援団体が首相官邸近くで経済制裁発動を求めて座り込みを行ったことに対し「炎天下でそうしなければいけない状況に(家族らが)追い込まれていることは政治家として申し訳ない」と述べ、拉致問題の解決が遅れていることを陳謝した。
 同時に「こうすれば(拉致問題解決の)結果を出せるという正しい判断を政府とともにしていきたい」と述べ、政府側に制裁発動の働き掛けを強めていく考えを示した。


安倍さん、期待させてください。
posted by ひとみ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

闘いはまだ続いている
Excerpt: 日本に本当のことを語ってくれる政治家が少なくなった。誰でも知っていることでも平気で嘘の答弁をしたり、記者会見で美辞麗句を並べて真実でないことを語り平然としている。 そんな中、この本の著者、西村眞吾氏..
Weblog: 窪川商亊社長日記
Tracked: 2005-07-30 12:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。