2006年01月31日

正論を言っても叩かれる

辞任させられないだけまだマシでしょうか。

「天皇陛下が靖国参拝なさるのが一番」…麻生外相 (読売新聞)

麻生外相は28日、名古屋市で開かれた公明党議員の会合で、靖国神社参拝について「英霊は天皇陛下のために万歳と言ったのであり、首相万歳と言った人はゼロだ。天皇陛下が参拝なさるのが一番だ」と述べ、天皇陛下の靖国神社参拝を実現することが望ましいとの考えを示した。

 そのうえで、「参拝できなくなったのは、(三木首相が1975年に私人を強調して参拝したことに伴う)公人、私人の話だ。解決の答えはいくつか出てくる」と語った。

 首相の参拝に関しては、「外国から言われて決めるのは絶対通ることではない」とし、「靖国問題が終わったら、日中間の問題がすべて解決するわけではない。隣の国なのだから、ある程度緊張感を持ってやっていく以外に方法はない」と述べた。

このニュースを読んだとき「よくぞ言ってくれた!」と思ったのは私だけではないはず。
これこそ正論。
しかも公明党議員の会合でっていうところがウケる。
公明党は靖国参拝反対派ですから。

さすが麻生さん!

と思ったんですが、早速今日朝日が社説で叩いております。

麻生発言 天皇を持ち出す危うさ

外務大臣は日本外交の責任者である。だが、靖国神社をめぐる麻生外相の最近の発言は、その責任と重みをわきまえているのか、疑問を抱かせる。

 先週末、公明党参院議員の後援者らの会合で、小泉首相の靖国神社参拝について聞かれ、こう答えた。

 「英霊からすると天皇陛下のために万歳と言ったのであって、総理大臣万歳と言った人はゼロだ。だったら天皇の参拝なんだと思うね、それが一番」

 「(天皇の参拝が)何でできなくなったかと言えば、公人、私人の、あの話からだ。どうすれば解決するかという話にすれば、答えはいくつか出てくる」

 なにが言いたいのかよく分からないが、天皇の靖国神社参拝こそが重要であるというメッセージは伝わってくる。

 この発言は直ちに世界へ報じられた。

 「麻生外相が戦争神社への天皇参拝を求めた」(英BBC放送)。「日本外相が、天皇は靖国神社を参拝すべきだと主張した」(中国国営新華社通信)……。

 麻生氏にはそこまで言ったつもりはないのかもしれない。だが、外相が天皇の参拝の問題まで持ち出した事実は重い。

 いま、天皇による参拝の可能性が国内でも国際的にも注目を集めているわけではない。深刻な外交問題になっているのは首相の参拝であり、その収拾策こそが外相に求められている。

 首相の参拝中止を求めている中国について「たばこを吸うなと言われたら吸いたくなるのと同じ」と批判したのもいかがなものか。煙で迷惑をかけていたら、吸わないのが礼儀だろう。

 問題をさらに広げるかのような発言は不見識のそしりを免れない。どこか言葉のうえで、もてあそんでいるような風情すら感じさせる。

 事実関係からみても、麻生氏の発言には理解できない部分がある。

 昭和天皇は戦後8回靖国神社に参拝したが、75年11月を最後に参拝をやめた。戦争の指導者だったA級戦犯が78年に合祀(ごうし)された後は一度も参拝していない。

 天皇が参拝しない理由はなにか。麻生氏が「公人、私人の話」と述べたのは、75年8月に参拝した三木首相が「私的参拝」と位置づけたことを指すようだ。

 参拝支持派の一部はこのため「公的、私的の区別がない天皇は参拝できなくなった」と主張している。A級戦犯の合祀が障害なのではないと言いたいのだ。

 だが、この主張は筋が通らない。三木氏の参拝の3カ月後に天皇が最後の参拝をしたことの説明がつかないからだ。外相はどんな根拠があって天皇の真意について発言したのか、説明を求めたい。

 秋の自民党総裁選に意欲を示す麻生氏は、小泉路線の継承者という立場を打ち出そうとしているようだ。靖国神社をめぐる発言には、党内の右派の支持を集める思惑もあるのかもしれない。

 だが、外交の責任者という立場を忘れてもらっては困る。麻生氏は改めて自らの真意について丁寧に語るべきだ。

私は首相の靖国参拝賛成派なのでよくわからないのですが
靖国参拝に抵抗を感じている方は天皇陛下の靖国参拝はどう思っているのでしょう?
私は今まで何度も言ってきたけど別に首相がいくのはどっちでもいいと思うんです。
それは首相になった人の気持ちもあるから。
でも靖国に祀られている英霊たちが何を望んでいるか。
それはやはり家族が来ること以上に天皇陛下が来てくださることだと思う。
だから首相の靖国参拝がその足がかりになるなら・・・と思っているのです。
首相の靖国参拝反対派は天皇陛下が参拝なさることも反対なんでしょうか?
それも「戦争を美化する」行為だと思ってるんでしょうか?

ところでこの朝日新聞の意見はまるで天皇陛下はA級戦犯が合祀されたから
参拝なさるのをやめたとでも言いたげなんですけど。
そんなアホなことがあるでしょうか?
だってA級戦犯の合祀は国会で満場一致だったはずです。
共産党も社会党もこの事案には賛成でした。
国会がこれだけ賛成したということは当時の国民もそれを望んだということです。
それなのに合祀されたから天皇陛下が行くのをやめたとでも???

靖国問題はそもそも朝日が持ち出し、それに中韓が乗った形で火がついた問題。
朝日はその火を消さないように頑張っているんですね。

麻生さんが外務大臣になってからも変わらない主張や
強気な主張を繰り返しているので
(ほとんど報道されませんが麻生さんとマスコミのやりとりは相当おもしろいです。
かなり朝日や東京新聞には手厳しいッス)
是非次の首相は麻生さんで!という声が上がってますが
私はこの人は外務大臣でこのまま突っ走ってってほしいと思ってます。
安倍信者になりそうだった私も最近すっかり麻生ファンです♪
posted by ひとみ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

靖国を政治問題にしているのは誰なのか?
Excerpt: 「靖国は心の問題。次期総裁選びの争点にすべきではない。外交問題でもない」と小泉首相は言う。しかし、争点や問題にしているのは、小泉首相及び靖国参拝を推進する政治家側ではなかろうか? 麻生外相は天皇..
Weblog: ◆木偶の妄言◆
Tracked: 2006-01-31 19:27

朝日は新聞を出すことが迷惑
Excerpt: 今日の朝日も正常運転ですかね。 いつも拙ブログの紹介いただいているので、今日はこちらからご紹介させていただきましょう、ということで、Absenteの酔いどれblog:案の定朝日新聞、麻生発言に反発 ..
Weblog: 桜日和
Tracked: 2006-01-31 19:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。