2005年12月10日

見えない敵

私の社会人経験は1年ほどしかありません。
大学を卒業して、その後1年だけ正社員として働いていました。
(その後結婚しました)
その唯一の社会人経験の勤務先が塾です。
今回、会社は違えど同じ「学習塾」の中であり得ないことが起こりました。


小6女児、刺され死亡 23歳講師を容疑で逮捕−−京都・宇治の学習塾

10日午前9時すぎ、京都府宇治市神明石塚1の学習塾「京進宇治神明校」内で、同市開町、同府職員、堀本恒秀さん(42)の長女、紗也乃(さやの)さん(12)=同市立神明小学校6年=が、講師で同志社大生の萩野裕(ゆう)容疑者(23)に刃物で刺された。紗也乃さんは病院に搬送されたが、約20分後に死亡が確認された。


私はこれをどう受け止めればいいのかわからない。
連続している小学生の殺害事件。
私は母という立場からどうしてもその事件を見てしまう。
あの子が学校に通う頃はどうなっているんだろう。
あの学校の通学路はどの道を通るんだろう。
どこから子供はひとりで帰ってくることになるんだろう。

でも今回は少し違う。
私は塾で働いていて、その教室の中では一番エライ人で多くの講師の採用・不採用を決めた。
個別指導の塾だったので今回の京進とは違うし、FCだったので採用の仕方も違うかもしれない。
(こういう塾は上が一括で講師を募集し採用することが多いが、FCは個々の教室が募集し面接をする)

でも私が働いていた1年、何十人と面接をしたけれど大学や家庭での様子を聞いたことは一度もない。
採用して講師と仲良くなってから大学でどんな勉強をしてるとか
サークルはどんなことをしてるとかそんな話をしたことはあるけど。
この犯人は前科があって留年していたようだけど。
留年していれば「どうして?」って聞くかもしれないけど相手の犯罪歴まで調べることなんてあり得ない。

そう考えると今回のことも京進は加害者側であるわけで
こういう人間を採用したことに問題があったと言えるけれど
でもどこまでそういったことを調べられるのか、と思う。

ただ京進は同志社卒の人が多いらしい。

大学生のその先は… 進学・就職情報 (同志社大学社会学部)

当然、京進も京都と滋賀を中心にやっている塾なので同志社に入る人は多いだろう。
そういう意味ではなぁなぁなところもあったのかもしれない(あくまで推測)


と、話はずれたけど。

人間にとって一番怖いことは敵が見えないことだと思う。
今の日本はまさにそうだ。
普通の顔して普通な日常の中で凶悪犯罪が起こる。
子供を守るべき大人が子供の世界を壊していく。

どうしてこんな大人になりきれない大人が増えたんだろう。
私たちが子供にしてあげることはなんなんだろう。
この連鎖を食い止めるためには何をすべきなんだろう。

私たちのすべきことは・・・。
posted by ひとみ at 23:07| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ、一つの例外を見て全てを語るのが日本のマスコミってもんだ(w まさか小6のガキにマジギレして包丁持ち歩く香具師がいるだなんて、普通考えないからな。

犯罪暦が公開されれば良いんだけど。冤罪がカウントされる危険を考えると、なかなか難しいんだよな。

【京都・女児殺害】 「このまま預けられぬ!」 塾への批判の声響く…"過去に犯罪"把握に限界
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134242539/

父兄も電波飛ばしてるなぁ・・・
そもそも塾などというものは、手前のガキをいい学校に進学させたいという親のエゴで行かせるもんだと思うが。義務教育ではない。通わせた責任はどう考えてんだ?

学校・塾ともに言える事なんだけど、子供が被害に遭ってるってのに、保護者が能動的に我が子を守ろう、っていう気概が全く見えてこないんだよな。

俺独身だけど、親ってのはこの程度の存在なのか?




Posted by きんた@恐怖!猫屋敷 at 2005年12月11日 07:14
まぁ確かに今回は例外中の例外。
普通講師の面接に来る人が前科持ちなんて思わないもん。

ただ学校にしろ塾にしろ預けてしまえばやっぱり親はどうしようもないわけで。
今回のことも被害者の子は親にあの先生が怖いって言ってたらしいけど
だから今月からその講義をとるのをやめたって
普通はそれでおしまいだと思うよね〜。
そこで「塾変える」っていうところまではなかなかいかない。
子供が他の授業が好きで、成績が上がってれば。
しかも小6で中学受験する子がこんな時期に塾変えないよね。

結局親が心配するのは登下校とか塾の行き帰りだけで
預けてしまえばもう安心だと思ってる。
でも親がそう思うのは普通のことじゃないかな〜?

今回のことをとりあげて「この塾を選んだ親の責任」っていうのはちょっと酷な気がするなぁ。
Posted by ひとみ at 2005年12月11日 09:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

また子どもが犠牲
Excerpt: なぜ、子どもが相次いで犠牲になるのか。京都府宇治市で10日午前、市立神明小学校6年、堀本紗也乃(さやの)さん(12)が殺害された事件。広島、栃木両県で、小学生の女児が通学路で襲われ、学校や自治体、地域..
Weblog: ブログLOVE
Tracked: 2005-12-12 11:06

塾の悲劇
Excerpt: [殺人]小6女児刺され死亡 塾講師を逮捕 京都・宇治 これは許せませんね。 普段は変なニュースばかり扱っているのですが、「あまりにも……」な事件なので、取りあげておこうと思います。 関連..
Weblog: ニュースにツッコむblog
Tracked: 2005-12-12 14:11

犯罪を犯す者には厳罰だろう。
Excerpt: こんばんわ、super_xです。 さて、本日はおとなりネタの「親日派なんたら法」やら、ジーコJapanの対戦相手決定とか書こうと思っていたら… 京都で、大変な事件が起きているでは、ないか… 長野..
Weblog: SUPER-X.COM
Tracked: 2005-12-13 03:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。