2005年12月07日

イヤなニュースが続いてますね

連続している小学生の殺害事件を含め、本当に最近殺人事件が多いですね。
なんだか物騒な世の中になったなぁと思うけれど
今までの日本が平和すぎたんでしょうか・・・?
やっぱり子を持つ親としては(まだまだ就学年齢ではないにしても)心配です。
我が家の最寄りの小学校(子供が大きくなったら通うであろう小学校)も
まぁこの辺の地域がまとまって登下校の時、要所要所おじさんやおばさんが立ってますけど。
うちも住宅街の中なのでやっぱり大きな通りから一歩中に入ると交通量は圧倒的に減ります。
散歩している人が多いのと目の前が中学校なことくらいが救いでしょうか。
でもいざってときにそういうことがな〜〜んも役にたたんかったりするんよね。

私自身は超田舎出身なので小学校まで3〜4キロ離れていたので
帰りはほとんどひとりで自転車で帰ってましたけど。
今はそんな長距離送り迎えが必要でしょうなぁ。

こういう事件が続くと「スクールバスの導入を!」となります。
その気持ちはよくわかります。
親は毎日毎日送り迎えできるもんでもないし、できるだけ集団下校をしていても
結局あと何メートルってとこで事件が起こったりするわけですし。
確かにスクールバスが安全なのかもしれませんが。
子供にとっては登下校って結構楽しいもんなのにもったいないなぁという気持ちもあります。
もちろん「楽しみ」よりも「安全」の方が絶対的に重要なんですけど。

とにかく今は栃木の事件の犯人が早く捕まることを願うばかりです。



そんなわけでしばらくブログをさぼり気味でしたが
相変わらずいろいろ他の方のブログを覗いてはいます。
今回オススメブログにmumurさんのブログをいれさせて頂きました。
知る人ぞ知る、アクセス数の多いブログです。
とても簡潔でわかりやすい上にマメに更新されていますので是非。

そこからおもしろかった記事をいくつか。

韓国「ヨーロッパも靖国参拝に反対している」 欧州「そんなこと言ってない」

外務省幹部 「韓国側が会いたいというなら会うが、別に会わなくても構わない」


小泉さんが「靖国は外交カードにならない」と言ってみたり
麻生さんが「靖国参拝を反対しているのは中国と韓国だけだからほっておけ」と言ってみたり、新内閣になってから言いたい放題ですね(笑)
朝日新聞はとっても心配されているようですけど。

で、まぁ年内の首脳会談はないみたいですが、日本はこの立場を通していいと思います。
むしろ外務省には頑張って欲しい。
こうやって日本の立場を主張し、それに反対するなら会わないと言われても
「そうですか」くらいの強気な姿勢でいるべきですよね。
いつまでも会わないわけにはいかないでしょうし。

それで来年こそ8月15日に参拝してくれ、小泉さん。


勝谷誠彦氏 「マンション偽装問題は創価学会が深く絡んでいる」

これはちょっとビックリしちゃった。
相変わらずs学会に対しての勝谷さんの発言は厳しいな。

少し前に東京で起こった両親殺害した少年の事件も報道ではテレビゲームの影響だとか言われて、父親に「人間のくずだ」とか言われたといって殺したとありましたが。
あれも勝谷さんがたかじん委員会に出たときにあの一家は学会員だったと発言しています。
少年自身がs学会をやめたいと思っていたのに父親が許さなかったとか。

北側大臣って唯一の公明党大臣ですよね。
う〜ん・・・。

一番の被害者は購入者なのでどうにかしてあげて欲しいとは思うけど。
2重ローンなんて絶対払えないだろうし。
会社は倒産したら逃げれて、購入者は逃げられないってなんか変!?
posted by ひとみ at 15:48| Comment(2) | TrackBack(3) | ニュースもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、『いも』と申します。
最近ブログをオープンさせ、時事関連をネットサーフィンしていたらあたりました。ざっと貴殿の意見を拝見させていただいたのだが、どうも分野によっては私とは意見が食い違う部分が結構ありそうだが時々読ませていただきます。
さて、少しだけコメントします。
外務省=日本の肥溜め。肥溜めに漬かっているエテの発言はいかに適当かということを認識したほうが良いのではないでしょうか。つまり、外務省幹部の「韓国側が会いたいというなら会うが、別に会わなくても構わない」という意見の本音は「ごたごたは勘弁してくれ、私達働きたくないんだ」ってことではないのかなあ。
Posted by いも at 2005年12月08日 02:27
はじめまして。
コメントありがとうございます。

時事関連のことについて書かれているブログはたくさんありますから、自分と意見が食い違うことは多々あると思いますよ。

私も外務省を全面的に信じているわけではありませんが、この発言は支持しています。
またこういう態度を崩さないでほしいとも思っています。
いもさんのおっしゃるように「働きたくない」のであればわざわざ相手が怒るような発言をするでしょうか?
余計にごたごたするだけだから適当に会っておけって言う方が働かずに済むのでは・・・?

本当に働きたくない人は「働きたくない」とは言わないんじゃないかと。
Posted by ひとみ at 2005年12月08日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

靖国問題と外交 「カードにならぬ」は当然
Excerpt: 『マレーシアのクアラルンプールで開かれる東アジア首脳会議での日中韓首脳会談の延期を中国が発表したことについて、小泉純一郎首相は「それでも結構だ」と述べた。 首脳会談の延期を日本としてはもちろん歓..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2005-12-07 16:20

女児殺害事件に学ぶ
Excerpt: 「わたし」にできること 児童が誘拐および殺害される事件が相次ぐ中、子供を、いかに安全に学校に送り届け、また帰宅させるかが保護者の当面の切実な「課題」となってきた。監視カメラの設置、スクールバスの導入、..
Weblog: ブログ界の正論
Tracked: 2005-12-08 21:36

みんなで選ぶベストブログ2005
Excerpt: 〜今年もっとも印象に残ったブログを教えてください〜 【gooランキング】や【gooブログのお知らせ】にもあるとおり {/star/}「みんなで選ぶベストブログ2005」{/star/} を12月9日..
Weblog: gooの歩き方 編集後記
Tracked: 2005-12-15 17:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。