2006年04月13日

久々更新ですけれども

教育基本法:愛国心などで抜本的な改正案 与党合意を了承 (毎日新聞)

このブログの使い方を忘れそうなくらい久しぶりですけれども。
またぼちぼちUPしていこうと思います。

さて、早速教育ネタ。
私はこれいいと思います。賛成です。

教育基本法やからね、「わざわざ書かんでも」的なものもしっかり書いておくべきだと思う。
愛国心なんて誰もが持っていて当たり前のことなのに
特に教育の場においてその認識があまりになさすぎる。
というか意図的になくそうとしているとすら感じる。
国歌を歌わない・国旗を掲げないというのもその1つの例だと思う。

私たちがなぜ(特に)歴史を習うのかっていうのを考えたときに
根底にあるのはやっぱり「愛国心の育成」
自分が生まれ育った国がどのように今まで続いてきて
その間にもちろんいろんなことがあって
混乱期・平和期・争いなどなどを乗り越えてきたか
その間にどれほどの日本人が日本のことを考え生きてきたか
それを知ることで自分が今ここで平和に暮らせているのは
過去の多くの日本人のおかげであるということを知ること。
それに感謝することとそうやって多くの人によって守られた日本を
自分たちも守っていこうとする気持ちの育成。
これが歴史を学ぶ根底だと思うんだよね。

歴史を学ぶ子供達がなぜ歴史を学ぶのかということを
知る必要は別にないと思うけど
大人はその「なぜ」を知っておくべきだと思うよ。
もちろんこれは自分なりの考え方でいいと思うんだけど。

愛国心っていうのはそこで育てば勝手に芽生えるものでもないと思うので
(もちろんなんとなく好きっていう気持ちはあるだろうけど)
これを育てるとはっきり書くことは必要だと思う。
特に「愛国心」と書かなくても「我が国と郷土を愛する」という今回の法案で充分だと思います。
posted by ひとみ at 21:48| Comment(36) | TrackBack(11) | 日本・日本人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。