2005年04月29日

最近のニュース

北朝鮮―日本戦、第三国で観客なし…FIFA決定 (読売新聞)
http://news.www.infoseek.co.jp/top/story.html?q=20050429it14_yomiuri

まぁ観客なしっていうのは残念だけど
FIFAが「北朝鮮で試合をするのは危険」って判断したことは
少なからず世界に北朝鮮の悪印象を与えるし
もちろんこれが拉致問題に直接繋がるわけではないけれど
少しずつでもまわりを固めていけるといいなと。

日本代表はこの前のアジアカップといい
逆境には強い人たちだと思うけれど
それでも少しでもいい状況で試合してほしいし
いい結果が出るといいですね。

これで第三国が中国や韓国だったら笑うけど、それはないやろな。



人民日報 『日中共同声明』など3文書を異例の掲載
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050429/mng_____kok_____002.shtml

  中国共産党の機関紙「人民日報」は二十八日、日中間の重要文書である
  「共同声明」「平和友好条約」「共同宣言」の三文書の全文と解説を掲載した。
  中国側は三文書を国民に示すことで、日本が歴史問題をめぐって過去に反省した事実を確認し、
  これ以上の関係悪化を避ける狙いがある。三文書が中国メディアで同時掲載されたのは初めて。

 
  「共同声明」は一九七二年に調印され、日中両国の国交正常化を果たした重要文書。
  同声明の中で日本側は「戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての
  責任を痛感し、深く反省する」と表明。
  また、中国側は「中日両国国民の友好のため、
  日本国に対する戦争賠償の請求を放棄する」と宣言した。


  日本の外交筋は「中国人は、日本は謝っていない、罪を認めていないと言うが、
  それは違うという証明になる。
  中国側にも危機意識が出てきた証拠だ」と指摘した。



どうしたん?中国。
米紙で北京オリンピックの中止を求めるような記事が載ったりして
世界の中で中国が孤立してきたことに対して危機感を持っているのでしょうか?
っていうか今更こんなこといって中国は大丈夫なのか?
だってこれを発表って「今までうちら嘘ついてました」って言ってたようなもんじゃん。
まぁ遅かれ早かれわかることなのかしら。。。



「揺れる日本の安全神話」…尼崎脱線事故に世界の反応
http://news.www.infoseek.co.jp/search/story.html?query=%92E%90%FC%81%40%90%A2%8AE&q=28yomiuri20050428id03&cat=35

今日テレビでやってましたが日本では遅れは「1分以上」だそうですが
イギリスは10分以上、イタリアは15分以上なんだそうです。
つまり1分半なんて遅いうちに入らないってことですね。

これが悪いとは思いません。
これだけ正確なことは日本の誇りだと思うし。

私もJR西日本をよく使っていましたが乗り換えってほんと1分あるかないかなんだよね。
普通電車が先に着いて後から来る新快速を待つ。
乗り換えて新快速がでてから普通がでる。
今回の事故の電車も尼崎で乗り換えがあったために
オーバーランで起こったタイムロスを取り返すためにスピードを出したと。

ここで多分普通に運転して遅れて新快速に乗れなかったら
きっと乗客から苦情は来るでしょう。
それを恐れて運転士はスピードを出す。
この悪循環があったことは明確です。

だから乗客となる我々も時間に正確であることには誇りを持つべきだけど
それを過信してはいけないってことね。
私たちも気をつけなくちゃ。
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

靖国神社とA級戦犯

今日もまたたかじんの番組から。

教科書問題の話はもうだいたいわかった。
けど。
イマイチわからないのが靖国神社の参拝問題。
私は戦争で亡くなった人がまつられている場所で
不戦の誓いをすることに何の問題があるんだろうって思っていたんだけど。
このよく聞くA級戦犯と言う言葉。
この解釈の違いが考えの違いを生むようだ。

A級戦犯とは東条英機らの戦争の指導者で
戦後、東京裁判において絞首刑や終身刑になった人たちだということはわかる。

ただこの「A級」という言葉には誤解があって
もちろんB級:C級もいるんだけどA級が一番悪いという意味ではない。
要はカテゴライズされてるだけ。
Aは指導者。B,Cはそれを実際に行った人たち。
もちろん指導者あっての実行だからAが一番悪いという人もいるわけだけど。

戦後、彼らは東京裁判で裁かれたわけだけど
普通、新しい法は作られた後からのことを裁くのであって
作られる以前に行われたことは裁くことができない。
ストーカー規制法しかりさ。
何か問題が起こって、新しい法を作る。
でもその法ができる以前に起こった問題についてはその法で裁くことはできないの。
なのに東京裁判はそれをやってしまったわけ。
極東国際軍事裁判所憲章(東京裁判は極東国際軍事裁判とも言われる)という
後に作ったものに違反したと有罪になったわけだ。

そして彼らはそれぞれに罪を償った。
彼らは罪人であるから、当然彼らの遺族には戦争で亡くなったことに対する
(遺族)恩給は与えられない。

ただしそれは日本が敗戦国として主権を持たない時に行われた裁判だったので
昭和27年には彼らの名誉回復という形で遺族への支援が認められている。

つまりここで日本はもちろん戦争は悪いことだけれど
A級戦犯だって戦争の被害者じゃないかということで
彼らを戦犯、戦争を行った犯罪者であるという概念を捨てたわけだ。

だから靖国神社は決して戦争の犯罪者を奉っているのではなく
戦没者を奉っているのだと。
ちなみに第二次世界大戦だけではなく
戊辰戦争から第二次世界大戦までの戦没者を奉っている。


A級戦犯
http://ja.wikipedia.org/wiki/A%E7%B4%9A%E6%88%A6%E7%8A%AF


なるほど。
そう考えると私は靖国参拝は支持するな。


今まで「A級戦犯」という言葉は知ってたし
そういう悪い人というかそういう人を奉っていると思ってた。
某所で「首相が戦没者に対して手を合わせることの何が悪いんですか?」って聞いたら
「あそこには戦没者が奉っているわけではありません。
戦犯者を奉っているのです」と言われたこともあったし。


でも違った。
真実はこういうことなのだ。
人の言うことを鵜呑みにしてはいけないね。


今日のたかじんには日本に来ている中国人が30人くらい集められていたけど
素直に言ってる人がいた。

「中国に居る時はアメリカも日本も嫌いだった。
でも海外に出たら中国で習ったことにはたくさん嘘があることを知った。
今でも中国で習わなかったことをインターネットで見るけど
そのサイトは中国にいては見れない。
(中国のインターネットは政府が認めたサーバーを通してしか
見ることができず反政府的なサイトはすべて閉鎖される)」って。

「私は本当の中国を知ってる。
日本やアメリカの良さも知ってる。
それを子供達に伝えていけばいい」

国民と国民のレベルではこれが精一杯。
三宅さんが言ってたけど
国民同士が仲良くしよう。平和・友好。それは素晴らしいことだ。
でも国と国になると簡単に友好友好なんて言ってられないんだ。

結局日本は竹島問題も教科書問題も靖国問題も
戦後中国や韓国に対する謝罪もきちんと一本筋を通してやってるってことだ。
これにはもっと自信を持って、もっとアピールすべき。
こういう主張を外務省もHPに韓国語や中国語で載せたらいいんだよ。



最近こういう日記をよく書くけど。
だからBBSが廃れていくのよねってわかるんだけど(笑)

私が誤解していた・知らなかったのと同じように誤解してたり、無知だった人は
きっとたくさんいると思うんだ。
私たちはそれをよく理解しないといけないよ。

日本人は歴史をよく知りません。
それで終わってしまってはダメなんだよ。

無知の知。
自分は知らないんだということを知ったのなら
次の一歩を踏み出さなくては。

最近その番組を見て橋下弁護士がむちゃくちゃこういうことを
しっかり勉強しているのがわかります。
そして的確なことを述べているように見えます。
あの人あんなにテレビに出て、おちゃらけたこと言ってるけど
普通にすごい人だと思うんだなぁ。

今日もマッカーサーがのちにアメリカで
日本のように石油も鉄もスズも何も取れないようなところで
ABCD包囲網が組まれ、何も輸入されない状況になったら
私でも戦争をしていたと発言していたと言ってました。
それくらい当時の日本は追いつめられた状態だったと。
戦争をしていなかったから日本は飢え死にしていたと言ってた。
そしたらすぐに田嶋さんが「じゃあ戦争は悪くないのか」って言ってたけど。
あの人は南京大虐殺がなかったとか慰安婦の強制連行はなかったとか
そういうことを言うとすぐに「戦争を肯定する気か?」という方向に話が進んでしまい
さらには感情論で「韓国の人たちは騙されて・・・」とか言い出しちゃうから
ちょっとついていけない(笑)

ってわけで感想、反論お待ちしております
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

アジア・アフリカ首脳会議

最近気になったニュースだけ。

先日のアジア・アフリカ首脳会議で日本(小泉さん)が過去のことに対し
謝罪をしたとニュースになっていましたが
私にはその意味がイマイチわかってませんでした。
でも何人か読ませてもらってる日記を読んでなんとなく意味がわかってきた。

今まで日本は何度も中国や韓国に対して謝罪してきました。
でもそれはその2カ国ではもちろんほとんど報道されないし
中国や韓国に対してその国で発言したなら世界的にニュースにもならない。
だから中国韓国だけではなく欧州諸国も日本は中国韓国に謝罪してないと思っている。
多分日本人ですら過去の首相や要人の謝罪を知らないのでは?と思います。

日本の戦争謝罪発言一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E7%99%BA%E8%A8%80%E4%B8%80%E8%A6%A7

コレを見るとマジ何回謝ってるんですか?っていうくらい謝罪してます。


ただこれが結局中国韓国はもちろん他の国にも知られていないのです。
だからこうやって反日感情がわくと
日本のやり方が悪い・日本が謝罪をしないからということになってしまう。

でもこういう2カ国だけではなく世界に向けて謝罪をしたことで
日本は謝罪しているということが世界に広まるし
謝罪しているにもかかわらず未だに謝罪と賠償を求める2カ国にとっては
日本を責めることができなくなるし、それでも責めれば
世界から見て2カ国は孤立してしまう。

なるほど。
日本の外交もうまくなったもんだ。

「驚きであり、感謝する」=小泉演説に−議長国インドネシア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050422-00000744-jij-int

  小泉純一郎首相が表明した過去の日本による植民地支配に対する「反省とおわび」について、
  「多くの各国代表団を驚かせた。歓迎するし、深く感謝する」と述べた。 

それくらい意外な発言だったみたいですネ。



うん。
これくらいやろうや、日本。
こんなことで2カ国がおとなしくなるとは思わないけど
少しずつ2カ国が大人げない国と印象づいていけばいいのでは?と思います。
そしたら彼らも路線変更せざる得ない。
彼らだって孤立することは望んでないさ。

そういえば昨日テレビでやってたけど韓国の有名スター
(韓国版北野武ってテレビでは報道されてたけど)
が「親日宣言」という本を出版して話題になっているそうです。

今来日してるみたいだけど・・・。
韓国に帰っても無事なのか?って聞いたら
自分もそれが一番心配だと言ってた。
いいのか、それで(笑)

こういうことが自由にできる国になればもっともっと変わるのにねぇ。
韓国も中国も。
まぁ簡単に変わるなら今更こんなことにはなってないんだけど(´∀`;)
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中韓朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

インリンオブジョイトイの謎

ひょんなことからインリンについて調べてみたんですが。
インリンの公式サイト
http://www.bekkoame.ne.jp/i/joytoy/www/index2000.html
(ノートンではとめられちゃったよ・笑)
インリンっていうのは本名みたいなんだけどね。
オブジョイトイのジョイトイってJOYTOYなんだけど
おもちゃって意味ではないらしいね。。。

はてなダイアリー
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B8%A5%E7%A5%A4%A5%C8%A5%A4?kid=5904

これ公式HPに書いてある文章なんだけど。

読んでてさっぱり意味がわからん(笑)

わかるのは反日とはいかないまでも嫌日であることは間違いなさそう。
っていうか「共産趣味」ってなに?
共産っていう考え方(?)は趣味なのか?

で。
日刊スポーツへの投稿もみつけたので貼っておく。

 インリン 日刊スポーツ掲載原稿全文

 第二次世界大戦を経験していない世代だからといって
 日本が犯した極悪非道な侵略の事実を忘れて良いはずがない。
 侵略された側では代々語り継がれる悲劇の記憶を無視し、
 靖国神社に参拝し、唯一反省の証とも言える平和憲法を踏みにじり
 米国のイラク侵略戦争に加担した小泉政権は人類史の汚点です。
 また、平和主義反戦主義を貫くことでこそ自民党ファシズムに対抗する
 大政党としてのアイデンティティを持つはずの民主党も
 結局は武力や自衛隊を認め、議員の中には自民党議員以上に異常な
 国粋主義軍国主義者が存在するのですから、
 仮に二大政党制にでもなったら日本はまた恐ろしい野蛮国になるのだろうと思います。
 文化優先の非武装中立国家になれば、必然的に敵を作らず、
 世界から愛されることは現実論として可能な道なのですがそういう高い理想で
 国家や世界を語り指導者になる器の人がいない限り、選挙結果がどうあれ、
 日本は経済優先米国追随の馬鹿国のままでしょう。
 もっとも多くの国民が小泉政権を支持しイラク侵略戦争参戦を支持し、
 誇りに思うべき自国の反戦ジャーナリストやボランティアが人質となったら
 誹謗中傷するわけですから、無能な政治家を生むのは無能な国民であり、
 危険な政府を生むのは危険な世論なんだということです。

 台湾人<中国人の私は、平和で穏やかな日本の日常が大好きですが、
 その日常を守るのもまた、有権者の知性と理性です。
 どうか二度と、知性と理性を失わない日本でいて下さい。
 あなたの町に道路を作る為ではなく、日本一国<米国の国益の為でもなく、
 人類の未来の為に、あなたの一票を使って下さい。
 あなたの一票は、人類の未来を明るくも暗くも出来るのです。
 国家や国会議員の義務は先ず平和を守ることです。
 武力を肯定する前時代的な野蛮人に権力を与えたら、
 結果、損をするのは普通の人々=有権者なのです。
 あなたの一票は、あなたとあなたの子孫の生命に関る一票です。


てっきり台湾人だと思っていた私。
でも彼女は中国台湾統一派なんですね。

この文面を見るとまぁ普通のタレントの発言としては
カナーリカナーリ踏み込んでますが、一つの意見としてはそんなに極端には思えません。
(まぁ読んでてそれはおかしいやろ?ってところは多々あるけど
中国の反日サイトに比べればたいしたことなくない?・笑)
でも公式サイトはちょっとビビる。


中国や韓国の人が反日・嫌日感情を持っているのは
そういう教育を受けたからであり、十分納得ができる。
だから正直中国や韓国から来て日本にいる人はどういう気持ちなんだろうって思うことはある。
マイナスイメージできたけどそうじゃなかったって思ってる人もいるだろうし
今もそういう政治的なことで言えば日本は嫌いだという人もいるだろうし
逆に中国人や韓国人を大人げないと思っている人もいるでしょう。

それはタレントしかりだと思う。
けど。
彼女はフジテレビには絶対に出ないらしい。
確かにあの人をよく見るのはテレ朝。

正直この人が日本で活動する意味がわからんのだけど
それよりもこういう人を起用する日本のテレビ業界の方がよっぽどわからん。

今日からあの窃盗タレント(笑)も復帰したらしいし
どうも芸能界というのはよくわからん世界だなぁ〜。
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

日本について考える

えらいグローバルなタイトルにしてしまった(´∀`;)

毎週恒例になりつつある(?)日曜日はたかじんの番組の日です。
今回は2時間SPで
・従軍慰安婦問題
・国連の常任理事国入りについて
・占いについて 
・自衛隊・国防費・憲法第9条について

特に従軍慰安婦問題と常任理事国入りの話は興味があったのでおもしろかった。

今回の教科書問題は竹島ばかりが取りざたされてますが
教科書から「従軍慰安婦」あるいは「慰安婦」という言葉も消えたのです。
私が中学生の頃はしっかり習いましたよ。
もちろんこれに対しても中国・韓国は大反対してるわけですが。

今日の話によると、戦地に慰安施設があったことは誰もが認めることだそうで
それを国が管理していたことも同じく認められています。
当時、売春は合法であり、商行為としても認められていたことも認識しなくてはなりません。
問題はそれが強制であったかなかったか。
つまり「看護婦として」とか言われて集められて(騙されて来てみたら)
その先が慰安所であったかどうなのかということ。


そしてこれが今問題化しているのは
まず日韓基本条約によって日本は韓国にお金を払い
それでこのこと(戦争による賠償)に関しては完全におしまいということになっています。
その渡されたお金のほとんどを韓国は政治や経済のことに使い
一部を戦争で被害にあった人にあげました。
でもその後なんですね、元慰安婦達が名乗りをあげたのは。

私も記憶あります。
1991年(3年だったかも)に白い服を着た韓国のおばあちゃんたちが
なんか喋ってたやつ。。。

それでもしそれが本当だったとするとこうやって条約を結んだあとに出てきた問題は
どっちが責任を持つべきかという話に。。。


ただあのときに出てきた人たちの証言にしてもなんにしても
それを裏付ける資料はないし、彼らも「強制的に連れてこられた」ばかりで
「誰に」連れてこられたというところが抜けているんです。
決して「資料がない」ことが「やってない」ことにはならいないけど
「資料がない」ことは「認められない」ことにはなる。
だから認められないことを教科書には書けない。
いわばそれは当然のこと。
今までの教科書がおかしかったのだと。

結局本人が慰安所と知らずに連れてこられたとしても
それは誰に騙されたのか。
もしかしたら親はわかっていたかもしれない。

そして次に疑問視されているのが「強制連行」する必要があったかどうかということ。
というのは戦場ができれば慰安所は自然発生的に起こる。
それに対して国は性病防止などの目的で管理する必要があります。
また当然戦場に近い慰安所の方がお金はいいわけで
ということは強制しなくても人は集まってくるので
なんのために強制連行する必要があったのかと。
実際に戦場の近くの慰安所にいた人のほとんどは
自分の意志、あるいは親の意志で来ているそうです。
ほんのごく一部なんですね、強制されて来たって言ってる人は。

そんなことを言い出したら日本だってアメリカ人に同じようなことをされてます。
他の国だって戦争が起これば当然こういうことが起きる。
でも相手の国が個人に対してお金を支払うということはまずないし
日本人も日本政府がこの賠償をアメリカに求めないと言えば
日本人はそれに従って賠償を求めないわけです。
結局韓国人がこういうことを言い出すのは政府が制止しないというのが大きいと思う。
中国だって天安門事件の時は警察総動員であっというまに鎮圧したのに
この前の反日デモは警備はしたものの制止はしませんでした。
これもつまりは政府がこういうことを黙認してるってことで。
のむひょん大統領も反日ムードが高まったことで支持率は上がったようです。
政府が批判されそうになると、仮想敵国(日本)を作ってそっちに矛先を向ける。
そういう政府のやり方に国民は踊らされてるだけのような気がする。。。
愛国精神を強めるために、反日感情を植え付けるなんてなんともかわいそうな話だ。



と、話はずれましたが。
まぁ結局実際強制連行だったのかはわかりません。

ただこれでは教科書に載せられるものではないことは確か。
なんの裏付けもないんじゃね。



これまで何度も韓国や中国について書いてきたけど
今日の国連の方の話題でも出てましたが
隣国と仲が悪いのは何も日本だけではないんですね。
日本と共に常任理事国入りを望んでいるインドはパキスタンに
ブラジルはアルゼンチンとメキシコに反対されているようです。
(日本も当然(?)中国・北朝鮮・韓国から反対されています)
考えてみれば至極当然のことで、国と国の争いってほとんどが領土問題だもんね。

だから日本もこの3国にはものすごく嫌われていて、そのニュースばかりが流れるけど
他のアジアの国には多く親日派の国があるってことを私たちはもっと知った方がいいと思う。
特に大きな地震に見舞われたあのあたりの国は古くから親日派が多いらしい。
今度W杯が開催されるドイツも親日のお国だそうです。
もちろん中国にも韓国にも親日の人はいると思いますけど。


日本人ってよく愛国心が足りないって言われるけどこれって結局こういう教育のせいだと思う。
悪いことをした事実は確かに認めないといけない。
もちろんきちんと習わなくてはならない。
一方でいいことはおもしろくないからニュースにもならない。
だから日本人って日本の文化、食文化や本音と建て前、わびとさび、日本語
そういうものは好きなのに日本という国自体を好きだと言う人は少ない。
そういう意識を持ったことがない人が多いという感じかな。
でももっと日本人は日本を好きになったらいいと思う。
そんな簡単に好きになれるかいなって思ってる人は
そのために変えるべきことはなんなのか、考えてみたらいいと思う。

例えば日本はお金ばっかりあげて何もしない国みたいに言われるけど
お金をあげることはとっても大変なこと。
日本が援助しなければ困ってしまう国はたくさんあるんです。
また今の国連の常任理事国5カ国はすべて核を持っています。
日本は持っていません。
これだけの先進国が核を持たないという大きな決断をしていることをもっと誇りに思うべき。
戦後50年、60年、核を持ち続けなかったこと。
非核宣言、戦争放棄している国だからできないこともあるけど
だからこそできること、主張すべきこと、独自の考えが必ずある。

日本を好きな国もあるんだからまわりの国のことはほっとけとは言わないけど
もうちょっと報道もバランスの取れた報道をすべきだと思う。
大人はいろいろ考えられるけど
あれでは子供は日本ってなんて悪い国なんだって思っちゃうと思う。
まぁこれは望むだけ無駄のような気がするけど(笑)


少なくとも1人の日本人として考えなくてはいけないことはたくさんあると思う。
報道を鵜呑みにしないこと。
これはそのための最初の一歩のような気がする。

もちろん今の私もまだまだ日本のことを知らなすぎですがね。
今の自分ができることを少しずつでもやっていきたいなと。
ここで自分の無知を披露してるのもそのためです。
自分の知識を整理するためでもあるし、知らない人に知って欲しいのもあるし
もっと詳しい人から助言してもらいたいのもあるし
だれかがこれをきっかけに興味を持ってくれたらっていうのもあるし。。。


そんなわけでたまにはまじめに語ってみました。
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中韓朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

教科書問題

近毎日のように過激な韓国人のニュースを見ますが。

昔はこういうニュースを見ると日本人って悪いことしてるんだなぁというか
悪いことしていたんだなぁというかそういう風に思っていたけど
こう毎日毎日あんなニュースを見せられると
もはや相手国の異常性の方が気になります。

教科書問題ひとつを取り上げてもそもそも他国の教科書の内容に
ケチをつけるというのは明らかに内政干渉だし
教科書から竹島についての記述
(「日本の領土であるが韓国によって不法占拠されている竹島」という記述)の
削除を求めているそうですがこの内容は外務省のHPにはっきりと書かれています。

 1.我が国の一貫した立場
 (1) 竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土である。

 (2) 韓国による竹島の占拠は、
  国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、
 韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も
 法的な正当性を有するものではない。
 (注:韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、
 領有権を確立した以前に、韓国が同島を実効的に支配していたことを示す
 明確な根拠は提示されていない。)
 
 (外務省のHPより)

故にこの教科書の記述は外務省、つまり日本の国の方針、国の主張をそのまま
子供たちに伝えているものなので教科書の記述に文句を言うよりも
国のこの主張に文句をつけてくださいという感じ。
そして竹島が自分たちの領土であるというなら
指を切ったり、国旗を焼いたり、日本人立ち入り禁止にする前に
国際法廷に出るべきだと。

こういうことバシっと言っちゃえばいいのに。

友好する気もナイ国相手に友好友好言っても正直意味ないって思う。
哀しいけど。

前に西村眞悟さんがたかじんの番組に出て言ってました。
「韓国のテレビ局が取材に来た時『竹島問題は戦争で片付けないかん問題。
君たちは日本と戦争するつもりか。日本はその気になったら意外と強いよ』と。
そしたら冷静に聞いて、『そうですね』と帰っていった。
その前は金泳三と、『総督府の建物つぶすと。どう思いますか?』と言われて
『つぶすのはいいが、50年間勝手に使ってからつぶすな。
なら、ソウル駅もつぶせ。
2万キロのレールもはがせ。首都にかかる橋もつぶせと。
日本が作ったものを50年勝手に使って、お礼の一言ぐらい言え!』
と言ったら、金泳三は握手して帰った。
意外に韓国も中国も、はっきり物を言い合ったら、青筋は立てるけど、分かる」と。
http://dklog.jp/u/yuuko999/d/2005/03.html 参照)

あんだけ過激なのはこっちが何も言わないからだと思うんですよ。

西村さんの言葉をすべて鵜呑みにするつもりはないですが
こっちが間違ってるのはオマエだ!!って言ったら少しはだまるというか
冷静になると思うんですが・・・。
まぁどっちもどっちなんだけど。。。

そもそも扶桑社の教科書なんてどこが使ってんだよ!(笑)
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。