2005年03月23日

彼も大変ですね

ぺ・ヨンジュン「独島は大韓民国の領土」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/21/20050321000046.html

 ぺ・ヨンジュンは、「独島は大韓民国の領土であり、
 だからこそ一層理性的に対処しなければならないと思う」とし、
 「独島が誰の領土か一言ずつ言ったところで実際に何が変わるのか、
 真の解決のためどのようにプラスになるか冷静に考えてみる必要もある」と指摘した。

 また、「国民が感情的な対立により傷つき関係悪化に発展しないことを願う」とし、
 「両国の国家政策を決定する方たちが賢明な方法で対処して下さると信じる」と書いた。

 続いて「私に与えられた役割があるとすれば、国家の領土の線を引く言葉一つより、
 アジアの家族たちの心と心の線をつなげていくことではないかと思う」と
 アジアのエンターテイメント文化をリードする「文化大使」としての姿勢を垣間見せた。


ぺ様には全く興味ない私ですが(ヨンハの方がかっこいいわ♪)
彼の言葉ってなんだか後半の方が本心のような気がする。
でも彼はきっと「独島は韓国領土」と言わないと韓国でやっていけないんでしょうね。
なんだか自由のない国。。。
もし人権擁護法が日本で可決されたら日本もこんな国になるのかしら???

韓流には全く興味ないけど民間レベルで日韓が仲良くなろうとしてること
そのものは本当に素晴らしいことだと思います。

私が韓国を訪れたのは2000年。
チャゲアスが日本人で初めて韓国で1万人もの人を集めてのライブを行った時でした。
韓国人5000人、日本人5000人の1万人ライブでした。
私はあの日確実に音楽は国境を越えると感じました。
あのライブほど泣いたライブはありません。

 僕らの時代いろんなことは伝え聞いておりますけれども
 やっぱり自分たちが聞く話っていうのは、いろんな想像の域を出ません。

 僕らは悲しいことがあった時代に生まれてきました。

 でも、僕らはそんな傷跡に目を背けるんじゃなくて
 そんな悲しかった出来事を一緒に悲しむ世代でいたいなって思うんです。

韓国政府にも暴動を起こす韓国人にも韓国の反日教育にも日本政府にも
自分自身を含め歴史を知らない日本人にも言いたいことはたくさんあります。

国と国が仲良くやっていくためには、越えなければならないものはたくさんあります。
いろんなことを調べていると時にどんどん韓国が嫌いになっていきます。
中国も同じです。

でもやっぱりどこか信じていたいんです。
いつか「一緒に悲しむ世代」が来ることを。
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

今一番好きな番組

たかじんのそこまで言って委員会
http://www.ytv.co.jp/takajin/

常々私が見ていると言い続けている番組ですが
今日は特にわかりやすくておもしろかった。
竹島問題。

今日の番組でわかったことがひとつ。
3月1日の韓国の独立祭でのむひょん大統領が
「日本は謝罪して、賠償するべきものは賠償すべき」と発言しました。
でも賠償は40年前の日韓基本条約で
日本が5億ドル払うことで「完全かつ最終的に解決した」と言っているのに
何を今更?って思っていたのです。
今日の解説によると今のむひょん大統領の支持率が20%くらいしかないんですね。
それが理由。
結局「困った時の反日」

反日感情は韓国であれ、中国であれ小さい頃から教育されているものなので
自分に批判が集まると他に敵を作って非難をそっちに持っていく。
その矛先がいつも反日。

江本さんも言ってたけど今回のこういう発言にしたって
やっぱり総理大臣が大統領にビシっと言わないとダメだと思うよ。
日本は確かに自分から戦争はできないし、しないし
中国や韓国を侵略しようとした過去があるけれど
だからといって相手の言うことばっかりは聞いてられません!
どうしてこういうことが言えないんだろう。。。

でもね、ほんと日本人はもっと歴史を勉強した方がいいね。
橋下弁護士も言ってたけど日韓併合ってどうやら悪いことだけではないみたい。
もちろん戦争を正当化するつもりはまったくないけど。
まだまだ勉強しなくちゃね。

今日は本当に勉強になりました。
ちなみに私何度もいいますが討論番組があまり好きではないの。
人が喋ってるのにやいのやいの。
でもこの番組はほんとに好き。
ということを北海道に帰った時にお姉ちゃん(東京在住)に熱く語りました(笑)

4月から放送エリアが拡大されるようですが
みんなに見て欲しいけど、全国区になると多分放送できないことが
いっぱいでてくると思うので(笑)複雑〜。

数日後こちら↓のサイトでテキスト化されるので見れない地域の人はどうぞ。
http://dklog.jp/u/yuuko999/

しかし田嶋陽子さんは昔からあんまり好きじゃなかったけど
最近ますます発言が極端になってますます好きじゃなくなりました(笑)
なんつーか戦争=慰安婦・売春みたいな。
すぐそっちの方向に話が進むし。
自分の都合のいいことの方に話をすり替えすぎ。
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

竹島問題を知る

はっきり言って竹島のことは完全無知でした。
少し勉強してやっとこさカケラがわかった感じです。
もっと詳しい方がいたら補足・訂正してください。

まず韓国では竹島のことを独島(とくと)と読んでおり
これが古くから韓国領土であることは資料に残っているというのですが
どうやらそれは竹島の隣の島、鬱陵島(ウルルン島、韓国領)であったとの説が有力?
その島は李氏朝鮮時代無人島政策がとられておりそこに日本人が移り住んだ。
江戸時代には日朝関係が一時緊迫したとき
鬱陵島への渡航禁止を伝える書簡があり、その中で竹島に関しては、
日本領なので、渡航制限を除外するという趣旨の但し書きがある。

その後明治政府は当然のごとく竹島を島根県の中へ。

第二次世界大戦後、沖縄や小笠原諸島と同様にGHQによって、行政権を取り上げられた。
しかしこれはのちの沖縄などが日本に返還されていることから見ても
あくまで「行政権の停止」であって、「領有権の剥奪」ではない。

アメリカ政府保有の公文書でも、竹島が他の島々と併記され、日本領としての固有性を認めている。
故に竹島は日本領土。

これが日本の主張。

で、一方の韓国はその独島に関する資料で応戦をして
竹島に郵便番号をふったり、電波塔なんかを建てたりしているようです。
(これは環境破壊と韓国内でも批判があるらしい)
ただその資料というのが日本のものとあわせての見解ではないので信憑性がないと。

これに対して日本は1954年国際司法裁判所に提訴。
しかし韓国側はこれに応じることを拒否。

理由は国際法廷には日本人の裁判官がいるからとか・・・?
自分たちは事実を言っているので出て行く必要はないとか・・・?

結局これだけ日本の国旗を焼いたり、あ〜だこ〜だ言ってるなら
ちゃんと法廷という公平(?)な場所で訴えればいいものを
韓国がこれに50年以上応じていない時点でなんとも説得力がない話に。。。

ただ竹島竹島ってどんだけすごい島かと思えば別に人が住めるような島ではないみたいですね。
用はまわりの海の問題。

少し前に山形新聞にこんなニュースが。
なぜこれが全国ニュースにならないんでしょう。

蔵王で遭難の韓国人一行、捜索費用の支払い拒む
http://yamagata-np.jp/kiji/200503/15/news00816.html

  県によれば、韓国では事故・事件の際に当事者の実名は伏せるケースが多い上、
  スキー場側が捜索費を出す場合もあり「文化、国民性の違いが出た」(県観光振興課)と指摘。
  「韓国人客を積極誘致しながら、
  ハングルでの案内板や放送がないといった落ち度もあった」としている。

*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエエエェェェl!!!

私なら蔵王でハングルガイドがあった方がびっくりするよっ。

  一行はその後も、日韓両国の懸案でもある「竹島問題」を持ち出して、
  支払い拒否の姿勢を変えていない。

*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエエエェェェl!!!<ウザイ

要は竹島問題で日韓関係が悪化しているこの時期に
日本でスキーをしていたことが実名報道によって韓国にばれてしまったら
韓国に帰った時に自分たちは何を言われるのか?っていう懸念が一番の理由みたいね(´∀`;)


と、話はずれたけど。

う〜ん、韓国ってますますどんな国なのかわからなくなるわ〜。
日本に来ている韓国のスターとか本音はどこ!?みたいな(笑)
ま、それはどの国も一緒か。

しかしこの問題に対して日本の主張が正しいよ!って言ってる韓国人はいないのかしら???
ちょっと前に「韓国併合は不幸中の幸い」と発言した韓国の教授(だったかな?)が
えらいバッシングをうけて、謝罪して辞めたみたいですけど。
韓国って日本やアメリカほどの言論の自由がない国なの?

とにかく今日わかったことはここまで!
どう?頑張った?まだまだ?(笑)
posted by ひとみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。